FC2ブログ
 
妄想会話~春の祭りといえば
2010-04-15 Thu 01:30
4月も半ばですね・・・。
今年の1/4が終わったと思ったら
半月後には1/3が終了か・・・。
早いなあ。
これ、いつも言ってる気がする(笑)


春恒例の祭りといったら

パン祭りでしょ?

そこで、短い会話だけの作文。
華も色気もない、主婦すぎる妄想でごめんなさい。


「せんぱーい、見て下さい、これ」
「ん? 皿?」
「2枚分ポイントが貯まったんで早速交換してきちゃいましたー」
「なんだよ、ポイントって」
「春といったらヤ○ザキ春のパンFestaでしょ? 先輩、知りません?」
「・・・知らん」
「ヤ○ザキパンの対象商品についてるポイント集めたらお皿と交換できるんです。今年はオーバルですよ~」
「オーバ? っつか欲しかったら皿くらい買えばいいだろ? なんでそんなめんどくさいこと」
「めんどくさくないですよ。特別に金払うわけじゃないし」
「ここ2~3か月、朝、パン食が多かったのはそーゆーことか」
「ええ、まあ」
「そういや昼用にサンドイッチ作って持ってきてたこともあったよな」
「実験が忙しい時には手軽でいいかと思って。もちろんポイント集めてたのもありましたけど」
「ふーん」
「すみません、先輩はやっぱり和食の方が良かったですよね?」
「別に。夜は普通に和食だったし」
「交換も済ませたし、これからは和食中心に戻しますね」
「どっちでもいいって」

「・・・これがオーバル皿っていうのか? 結構使えそうな形だな」
「ですね」
「2枚でいいのか? お前がこの皿欲しいなら・・・俺は別にパンでもいいぞ」
「2枚でいいんです」
「そうか?」
「先輩のと俺の、です」
「・・・」
「Festaが始まった2月から今日まで、先輩と二人でパンを食べ続けてきたんだなあって。ずっと一緒にいられたんだなあって。この皿はその記念みたいなもんなんです」
「・・・は?」
「いいことがあった次の日は、少し高いWソ○トにしたりしてたんですよ」
「なんだよ、いいことって・・・」
「いいことはいいことです❤ この皿を使う度に思い出して嬉しくなっちゃいますよ、俺❤」
「・・・なに言ってんだ、粗品の皿くらいで」
「来年も皿もらえるといいなあ・・・」
(・・・ったく、こいつはホントどーしょもねーな・・・(ちょっと赤面))

「・・・パンはいいけどさ」
「はい?」
「米とか菓子とか・・・カップ麺とかはやめろよな。メタボになっちまう」
「え゛」
「? まさか、何か・・・」
「い、いやいや・・・菓子っていうか、プリンだかなんだかでショッピングバッグが貰えるフェアがあったなあって・・・」
「プリン?? んなもん俺は喰えねーからな。・・・バッグくらい買えよ」
「お、俺が喰いますから。だから、いいでしょ先輩・・・」
「・・・お前、近い将来、絶対メタボになるぞ」
「だだだ、大丈夫ですよ」
「言っておくが」
「はい?」
「俺は不健康な奴と一緒に暮らすつもりはないからな」
「!」
「・・・来年も、パンの皿貰うんじゃねーのかよ」
「はい! 俺、プリンは我慢します!!」
「・・・ちょっとだったらいいだろ、プリンも・・・」
「せんぱい・・・(やさし~・・・こーゆーとこも大好き❤先輩)」
「俺は喰わねーけどな」



森永くんならちょっとやりそうじゃないですか?
一人じゃできなかったことが、二人暮らしになってできたりする。
二人で一緒にちょっぴり時間をかけて得るものがあったりする。
そう、それがたとえポイント交換したお皿であっても
森永くんには大切なものなんです(笑)

ちなみに、うちも2枚交換してきました。
スポンサーサイト



別窓 | 妄想会話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<妄想番組『ラジオ恋する暴君』第5回 ※追録 | 天使の宝箱 | 本気でちっちゃい話>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |