FC2ブログ
 
せわしない日々でしたが
2010-02-20 Sat 00:11
ほんの2、3日でしたが
暴君ブログ巡りも自身のブログの更新もできませんでした。

若干暗めの話なので、スルーして下さっても構いません。


つい先日身内が亡くなりまして、昨日はお通夜に今日は告別式に参列しました。
身内といっても血の繋がりがある人ではないんですが。
ブログでは書いたこともないのですけど、私一応結婚してまして
亡くなったのは主人の祖母です。
とても高齢でしたし、穏やかな最期だったということで
大往生でしたね、と祝うくらいの気持ちでおくり出せました。
(元々は他人の私だからかもしれませんが・・・)

そのちょっと前には実父の手術と入退院があったり。
これは以前から決まっていたことだったんですけどね。
退院したのはいいけれど、傷が痛くて夜も眠れなくて食事もとれないと
毎日泣いて?いるようです。
すぐに通えるところに住んでいないので電話でしか様子も聞けないし
まあ会いに行ったところで何もできないかな・・・。

健康だった主人の母も原因が分からない発熱が続いているとか。
・・・
自分の親の旅立ちのことも考えておかないといけない歳になったなあと
実感する今日のこの頃です。
そして自分の身体にもいろいろなサビが出てくる年齢なんだと自覚しなきゃ。

これも書いたことないですが、実は私には小学生の娘がおります。
考えてみたら、この子はもう5回もお葬式を経験してました。
初めの3回はよく覚えてないみたいですけど。
今はみんな長生きですから、ひいおじいちゃんひいおばあちゃんのいる子供が
多いんですよね。
だから必然的にお葬式デビューも早い子が多くなる。
私は、祖母が一人しか健在でなかったこともあり、
初めてのお葬式は社会人になってからでしたね(祖母のではなかったですが)。
娘はお焼香も一人でしっかりとこなせるようになってました。
2年前は私が横について一緒にしたのに、成長したものです(笑)

考えたくはないけど、実家に置いたままにぃている喪服(着物)を
そろそろこっちへ持ってきた方がいいかもなあ・・・。

でも今日でとりあえず一段落。
「暴君のある生活」に戻れます。
スポンサーサイト



別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<森永くんの“ひとり” | 天使の宝箱 | まだまだだけど>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |