スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
妄想会話~いいことありそうな
2014-12-17 Wed 14:23
2014年も残り2週間になりました。
とても寒いです~~昨日は冷たい雨、今日は北風。
雪の降る地域では暴風雪だそうですね。お気を付けください。

久しぶりに一人、PCに迎える時間がとれたので、ぽっと思いついた短い会話です。
すぐ読み終わるので気楽にどうぞ。

※この作文の内容は漫画「恋する暴君」とは全く関係ありません。
二次創作等が苦手な方は読むのをご遠慮くださいね。




朝、キッチンにて。

「おはよう」
「おはようございます。朝食の卵、目玉焼きでいいですか?」
「ああ」

「あ!!ふたごだ!」
「どうした? でかい声出して」
「ほら見て先輩。この卵ふたごだったんですよ」
「ああ・・・だから?」
「ふたごの卵なんて、なんかいいことありそう(*^_^*)」
「なんだそりゃ?」
「なかなかないでしょ、こういうこと。幸運の兆しとか言いません?」
「知らねえけど」
「2人で分けて食べましょうか? 幸運も半分こしましょうよ」
「オレは別のでいい。お前が食え」
「え、でもせっかく・・・」
「分けて食ったら幸運の意味なくなるんじゃねえか?」
「そうかな?」
「・・・しかし、そーゆーの好きだよな、お前は」
「はい?」
「いや別に」

食後、リビングにて。

「お茶入れましたよ、どうぞ」
「サンキュ」
「じゃ、オレも・・・あ!」
「?」
「茶柱! 先輩、茶柱!」
「・・・そうだな」
「朝から縁起いいな~(*^_^*)」
「よかったじゃねえか」
「はい。今日はほんとにいいことあるかも」
「・・・」

夕方、買い物に行く道すがら。

「あ、黒猫が横切った」
「え?」
「先輩、見ました? 黒猫がそっちからタタタッて走ってあっち側へ・・・」
「いや、オレは見なかった」
「残念~~。先輩にも幸運あげたかったのに」
「は? 黒猫は不吉じゃなかったか?」
「違いますよ。黒猫が横切るのは幸せの前兆ですよ!」
「どっちにしろ迷信だろ?」
「そうですけど、オレは猫好きですからね、いい方にとっときます(笑)」
「そうかよ」

「吉兆の動物っていったらフクロウだよな」
「フクロウ? 聞いたことないけど何でですか?」
「福が来て朗らかとか、苦労がないって意味で不苦労とか字を当てて読ませるんだよ」
「へえ、知らなかった。先輩、物知りですね~」
「結構有名な話だぞ」
「フクロウといえば、福岡に「フクロウ」って名前の洋菓子屋があるんですよ。先輩の話の通りなら幸運を呼ぶって意味で付けたのかもしれないですね」
「どうだろうな」
「いつか一緒に買いに行きましょ?」
「はあ? 福岡にか?」
「地元に行くことがあったら、って話」
「・・・甘いもんは苦手だ」
「甘くないものもあると思いますよ」
「その時考える」
「ですね(笑)」

日没、買い物帰りの道中。

「随分暗くなっちゃいましたね。家に帰る前に真っ暗になっちゃうかな」
「買い過ぎなんだよ(呆)」
「すみません。先輩と一緒に買い物に行けるの休みの日だけだから嬉しくって。2人だといっぱい買えるし」
「いいけどさ」
「これで当分大きい買い物はしなくても・・・あ!」
「え?」
「あ、いえ別に・・・」
「お、一番星だな」
「ど、どこです?」
「あっち」
「ほ、ほんとだ。先輩、よかったですね一番星!」
「? よかったって何が?」
「一番星見つけるといいことあるって言うでしょ?」
「ああ・・・もしかしてお前、先に見つけてたんじゃねえか?」
「え? み、見つけてませんけど」
「バレバレなんだよ。さっき、『あ!』って言った時見つけたんだろ、一番星」
「そんなことないです。最初に見つけたのは先輩です!」
「あのなあ、一番星を見つけるってことが吉なんであって、何番目に見つけても何人が見つけても関係ねえと思うぞ」
「え、そうでしたっけ?」
「やっぱりな(呆)」
「じゃあ、先輩にもオレにもいいことがあるってことでいいんですね?」
「まあ、いいんじゃねえか(どっちでもいい)」
「(*^_^*)」
「なんだよ? そんなに嬉しいことか?」
「・・・先輩に一番星の幸運譲ってもらったから」
「は?」
「ありがと先輩(*^_^*)」
「礼の意味がわかんねえよ」
「すみません(笑)」
「・・・迷信なんて信じなくても、お前は普通にしてるだけで幸運を呼び寄せられるんじゃねえか」
「え?」
「笑う門には福来るっていうだろ?」
「あ・・・」
「いつもへらへら笑ってりゃいいんだ」
「先輩・・・」
「いいこと、あるといいな」
「はい(*^_^*)」

いいこと もうあったけどね


おしまい


森永くんが感じた「いいこと」とはとってもとっても小さいことです。
なんだったのかな~?
幸運呼ぶなら笑顔が一番、兄さんは森永くんの笑顔がいちばん好きですもんね(#^.^#)
二人にいいことありますように。

読んでくださって有難うございました!
スポンサーサイト
別窓 | 妄想会話 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<暴君ファンなら観ておくべき! | 天使の宝箱 | びっくりの5周年・・・ひっそりと(笑)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 天使の宝箱 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。