FC2ブログ
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
妄想会話~ビタースイート
2014-02-14 Fri 11:23
バレンタインですね~でも私はインフルエンザ感染中(T_T)
熱が全然下がらなくて「こりゃおかしい」と思い病院で見てもらったらA香港型の診断。
ワクチン打っててもうつることがあるとは知ってましたが
まさか自分が・・・とちょっとびっくり。
自分で思うより疲れてて免疫力が落ちてたのかもしれません。
みなさんもうがい手洗いしてご注意くださいね☆

一応バレンタイン作文です。
会話だけの短いものなので、みなさんの妄想でフルに補充して読んでやってください。

※この作文の内容は漫画「恋する暴君」本編とは全く関係ありません。
二次創作等が苦手な方は読むのをご遠慮くださいね☆



「先輩! こ、これ受け取ってください!!」
「ん?」
「バレンタインのチョコです・・・」
「は?」
「先輩が食べられるような苦めでおいしいチョコを選びました。量も少ないですし。・・・どうしても食べられなかったら後で捨ててくれても構いません。受け取ってもらえればいいですから」
「・・・毎回懲りねーな、お前も(呆)」
「すみません・・・」
「・・・オレが食いもん粗末にできるわけねーだろ」
「・・・」
「酒、あるんだろうな?」
「え?」
「チョコに合う酒。ブランデーとかウイスキーとか」
「あ、はい。それはもちろん」
「そうか」
「・・・」
「酒があるならつまみにもらっとく。お前も付き合えよ。ほれ」
「え?」
「お前もつまみいるだろ?」
「先輩・・・、もしかして、チョコ?」
「・・・一人で飲むのもなんだからな」
「あ、開けてみていいですか?」
「ああ・・・ってもう開けてんじゃねーか」
「うわ^ほんとにチョコだ・・・先輩からのバレンタインのチョコだ」
「ん」
「カカオ95%って・・・ものすごく苦そうなチョコですね」
「いいだろ。お前、自分じゃ絶対そーゆーの買わないだろうし、人からもらったって感じするんじゃねえの?」
「どんなのでも嬉しいです! 先輩がオレにくれたチョコですから」
「・・・次はもうちょい甘いのにしてやるよ」
「え?」
「・・・次があったらだけどな」
「が、頑張りますオレ。先輩から甘いチョコもらえるように、頑張りますから!」
「別に頑張らなくていいって。それより酒の準備だ」
「はい(^◇^)」


おしまい


そして二人は苦いチョコをつまみに晩酌したのでした(笑)
兄さんからもらえるチョコが毎年毎年だんだんと甘くなるといいね、森永くん。
きっと2人の関係もチョコ同様に甘くなっていくと思うから。

短くてすみません。
読んでくださって有難うございました。

スポンサーサイト
別窓 | 妄想会話 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<4/10★コミック9巻発売!! | 天使の宝箱 | 拍手お礼(非公開の方へ)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 天使の宝箱 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。