スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
2月号買ってきました☆
2014-01-08 Wed 10:23
なごやん自主回収・・・のニュースで暴君(チャレ?)を思い出したのが1月7日。
TVでかかった快傑ライオン丸の主題歌を娘が歌うのを聴いて驚いたのが一昨日の晩・・・
なんでも鳥海さんが歌ってるのを聴いて覚えたんだとか(^^ゞ

で、買ってきましたGUSH2月号。
表紙が暴君でしたね!・・・森永兄&真崎さんCPですが(笑)
国博さんが持ってるバレンタインチョコらしき包みは真崎さんにあげるものかな?
それとももらった?・・・たぶん前者だと推測(笑)
しかし! CPが違うとここまで雰囲気違うのか~~と感じるしっとりイラスト!
メインCPのドタバタ感が皆無。
これも暴君なのか? 暴君だよね?


表紙の話はこれくらいにしてあらすじ軽く追いながら感想をちょっと。



恋する暴君番外編
Knockin'on your door 中編


別れ際にキスしたあの日以来会うたびに 国博さんは真崎さんにキスしてくるんだそうです
その理由、というか気持ちがわからない真崎さんは国博さんに尋ねます

なんで俺にキスするんだ と

国博さんの返答は

したいと・・・思ったから ・・・キスするのに他に理由があるのか・・・・

単純明快だな オレはまだそこまで割り切れない と思う真崎さん
だけど それにあらがう勇気もない 

真崎さんは、水曜日は休めなくなるから都合が悪くなると切り出しました
少し時間を空けて考えるための言い訳だけど、国博さんにその理由は言わない
で、やっぱりそこまで気づけない国博さんは
一杯飲んだら帰るから時々バーに行きたい と出禁を許してもらうのです
顔だけでも見たいってことなんだね

国博は 本当に天然だ

そうですね(笑)
でも実際に天然な人は最強だと思いますよ

で、本当に約束通り一杯だけ飲んで帰ることを繰り返す国博さんです
バーの店長にまで「真面目そうだから付き合う相手にはいいんじゃないか」と
言われる真崎さんですが
真面目だから困るんでしょう と苦笑い

で、その店長の計らい(笑)で一緒に帰ることになった夜 
会えなくなったのはオレを避けてるから? と国博さんが直球で確認
言いよどむ真崎さんに
オレやっぱり鈍いんだな ごめん と謝る国博さんがかわいいです

避けていたわけじゃなくて
国博さんのことを許していないのでもなく
むしろ自分自身が許せていなくて
そこまで気持ちが追いつかない
少しゆっくり考えたい


国博さんに真崎さんはそう告げました

- オレは 自分のことが嫌いだ もうずっと長いこと
ゲイだってことを隠して 周囲に自分をとりつくろって生きてた あの頃
国博には当然本当の自分を見せることもしなかった
それから 何よりあんなに大切だった哲博を
手酷く傷つけた 周囲を巻き込んで

罪悪感と自己嫌悪
幸せな恋愛なんて もう想像もできない -


少し時間を と言われたのにすぐに店にあらわれた国博さん
伝えたかったのは

哲博に会いたいんじゃないのか?

哲博はお前のことを恨んでなんかいなかったから と森永君の住所を書いた紙を渡します

そして真崎さんは名古屋に向かうのでした
皆さんご存知の通り(笑)

-あんな見透かすようなこと 国博も あの頃のままじゃない
時間(とき)が止まっているのは オレだけなのかな


んで、場面は名古屋のホテルにいる真崎さんの携帯が鳴るところ
国博さんからです
森永くんに言いたかったことが言えた・・・と真崎さんが言ってるので
兄さん公認?で二人で飲みに行って真崎さんが森永くんに謝ったあの夜ですね

こっからは国博さん、攻めますね 電話口ですけど(笑)

帰ってきたら会ってくれないか
ちゃんと お前の部屋で 2人っきりで ・・・・・ ・・・・キスしたい
  と

思い切り赤面して(※注 電話口です) うろたえまくる真崎さん
帰ったら連絡してくれ の言葉に返事できません

そして 真崎さんはそのあと届いたメールに一度も返信できないでいました

(多分)付き合ってほしいと言われて戸惑ったあの日にことを
(多分)気持ちに気づかないまま傷つけたことを謝られてキスされた時のことを
名古屋のビジホのベッドで、真崎さんは夢で思い出していました

夢から覚ましたのは携帯のベル
森永くんからだったので出てみるとなにやら向こうはドタバタ(笑)
森永くんから携帯を奪って電話口に出たのは国博さん
福岡になかなか帰ってこない真崎さんの体調を心配してたみたい

どうして電話に出てくれないんだ またオレが何か(したか?)と訊く国博さんに
真崎さんは ちがう(お前のせいじゃない)不安なんだ と答えます

お前が・・・なに考えてるか・・・わからない・・・
解らないのに・・・お前のこと拒めない自分が・・・怖いんだよ・・・!!


(多分)若干涙声だっただろう真崎さんのその言葉を聞いて
会ってちゃんと話をしよう と居場所を聞き出す国博さん、必死です!

信じてくれていいから・・・

それまで ??? な顔だった森永くんも国博さんの真剣な表情とその言葉に
何かを感じたようで
ありがとうとお礼を言って真崎さんの元に向かおうとする国博さんに
がんばって・・・!! と励ましの言葉をかけて送り出すのでした

国博さん、真崎さんのところへいざ

真崎・・・・・・!


次回に続く


暴君の7巻8巻の裏でこんなやりとりがあったんですね~。
兄さんと森永くんCPを見守り隊な私には真崎さんは若干お邪魔ムシ的存在(笑)でしたが
真崎さん視点で見たら共感できるとこいっぱいありました。
・・・暴君キャラの中では一番自分に似てる考え方をする人なのかなと。

自分が嫌いで だからもう幸せな恋愛なんてする資格はないんだと。
だけどその根本にあるのは 自分がこれ以上傷つくことを怖がる気持ち。
傷つきたくないから幸せを求めないのかもしれない。
その幸せが壊れる時がとてもとても怖いから。
そんな自己防衛本能でまた誰かを傷つけてしまうかもしれない。
悪循環。

この2人は兄さんたちCPより前途多難な部分がいっぱいですね。
2人とも相手を「好き」なのかどうか解ってない。
相手が自分を「好き」なのかももちろん解らない。
解っているのは「気になる」相手、「拒めない」相手だということ。

だから、ある意味では「気になるから付き合ってほしい」と告白した国博さんは
間違ってないのかも。
付き合ったらこの気持ちが恋なのかきっとわかるから。
でも真崎さんは今度拒絶され(=振られ?)たら二度と立ち直れない硝子のハートの人。
真崎さんの心を包んで、少しでも安心させてあげられなければ
一緒に居続けるのは難しいですよね。
でもきっと・・・国博さんは真崎さんの心を溶かすことができると思いますよ。
森永くんじゃなくても応援したくなります。
真面目で鈍感だけど真剣に真崎さんを大事に思う国博さんと
ずっと自分を責め続けて幸せを諦めてる真崎さん、
2人一緒にいることが幸せだと素直に感じることができるといいですね。
幸せになっていいんだと思ってほしいな。
きっと森永くんもそう思ってる。

んで、真崎さんはやっぱ受けだと思います(笑)
まあそこまで進むのかも分からないですけどね。
とりあえずキスまではちゃんとすると思いますけど。
国博さんが部屋でキスしたいって言ってたし。
あ、でも部屋の前にビジホがありますね?
話合いはビジホで、愛の確認は真崎さんの部屋で、う~んどうかな(笑)

受け攻めどっち問題、どこまで進むか問題、どこで結ばれるか問題、
どんな解決がされるのか楽しみですね。
でも来月号には掲載なしです(笑)

お付き合いくださいまして有難うございました
  
スポンサーサイト
別窓 | 暴君感想 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<妄想会話~無問題 | 天使の宝箱 | あけましておめでとうございます>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 天使の宝箱 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。