スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
12月号買いました☆
2013-11-08 Fri 22:11
昨日は書店に行く時間がとれず、泣く泣く本日ゲットとなりました。
1日遅れ(~_~;)
番外編だからと気が緩みがち…反省。

以下、さらっと一読の感想。


コミック5巻「ぼくたちの失敗」のすぐ後から1~2ヶ月くらいの間(名古屋に行く前)の
出来事が真崎さん視点で描かれてます。
本編7章でも国博さんのアプローチに対して複雑な気持ちになる真崎さんが描かれて
いましたが、今回その時の彼の心を丁寧かつスピーディーに読むことができます。

簡単に流れを説明すると、何度も会いに来る国博さんを拒絶し続けてた真崎さんでしたが、
国博さんのしつこさに根負け?し、真崎さんの部屋でDVDを観たり定期的に会うように
なります。
そして時々一緒に外出したりするまでに。

真崎さん的には自分がゲイだということも酷いヤツ(酷いことしたからね)だということも
すでに知られているから隠すことがなく昔より楽なのかもと感じてるよう。
付き合い自体は恋愛関係というより友人みたいだと。
国博さんも彼なりにいろいろ考えたり悩んでました。
森永くんを許せなかったのは自分がその位置(真崎さんの一番近しい人間)になれなかった
ことで森永くんに嫉妬していたからじゃないかと。
真崎さんが自分を好きだったと聞いて怒りが消えたのはなぜだったのかと考えて得た答え。
で、国博さんは最初に「気になるから付き合ってほしい」と言ってるんですが
真崎さんには国博さんのその気持ちが理解できないわけです。
だけど、二人の関係をやり直したいと考える国博さんと会うことで
真崎さんも昔のような付き合いに戻りつつあると思い始めます。

ある夜、別れ際に国博さんからキスされた真崎さんはひとり涙を流すのです。
自分でも何故かわからない涙を。


真崎さんも国博さんも嫌いではないけど好きでもなかった…んですが
結構いいんじゃないかと思いました。
国博さん、似てないと思ってたけど諦めが悪いとこは森永くんそっくりですな(笑)
さすが兄弟!
伝え方がストレートなとこも。
国博さんの方が真面目だけど。
真崎さんはやっぱナイーブなのかな?
ただ自分を悲劇のヒロインにはしてないからよかった。
国博さんの行動を「なんでなんだ?」と悩んでぐるぐるしてるとこはかわいいかも。

で、気になったことは二つ。
ひとつめは二人の身長(笑)
どっちがどのくらい大きいのかな?
コマによって真崎さんの方が背が高かったり、国博さんだったり。
どの位置から見るかによって違うだけかもしれませんが。
私は同じくらい、二人とも兄さんくらいだと思ってます。
→ちゃんと見たら国博さんの方が大きかった(^^;)(;^^) 
5㎝以上の差がありそうです。

ふたつめは、恋人になったらどっちが攻めになるの?ってこと。
真崎さんは(基本は受けだろうけど)どっちもいけることは実証?済みですが、
国博さんですよ。
国博さんが真崎さんを欲しがるイメージが出てこない('◇')ゞ
でも今は国博さんの方が押せ押せな感じだからなあ(笑)
真崎さんから求める想像もできないし。
高永先生の描く兄(系)キャラは受けが多いですけどね。
兄さんは受けだけでしょ?
彼は性欲がないというか恋愛自体をわからない人ですから求められなきゃしないです。
ってか、兄さんは愛される側だから!!
仮に相手が森永くんじゃなくても兄さんは受けだと思います。
森永くん以外無理ですけどね(笑)
森永くんは兄さんが「今回はオレが上で」と言ったら女役するんじゃないかな(笑)
もちろん兄さんが言うわけないですが。
森永くんは一途なので相手に合わせてあげられそうです。
とはいえ、森永くんはもちろん攻めが似合ってると思いますよ。

受け攻めの真相?は番外編の後編で明らかになるのでしょうが、予想がつかないです。
気になる後編は来年に持ち越し。
再来月号に掲載あるといいなあ。


長々失礼しました\(__)
スポンサーサイト
別窓 | 暴君感想 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<妄想会話~恋の色 | 天使の宝箱 | 妄想会話~夢の続き>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 天使の宝箱 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。