FC2ブログ
 
妄想会話~毎日のこと
2012-05-25 Fri 10:23
わー、6月まで1週間きった・・・(-_-;)

制服も夏服に衣替えではないですか。
暴君は舞台が大学なので、兄さんも森永君も明確な衣替えの時期なんて
あんまり考えたりしないんでしょうけど
かなこちゃんはきっと夏服の準備に余念がないはず。
制汗スプレーとか日焼け止めとか買ってるよね(^◇^)

そんな初夏の話題とは全く関係ない短い作文ひとつ。
長めの作文もいくつか構想だけは生まれてるんですけど、書き続けるパワーが・・・(+o+)
っと、言い訳はここまでにしまして
本当に短い日常シチュですが、よろしければどうぞ。

※この作文の内容は漫画「恋する暴君」本編とは全く関係ありません。
二次創作等が苦手な方は読むのをご遠慮ください。



ある夜。
後片付けで食器洗っている二人。

「水道の水、ガス付けてねーのにぬるま湯みてーだ」
「ん?」
「寒い時期はお湯使ってたけどさ、こんだけ水温が高けりゃ食器の汚れも落ちやすいかも」
「ああ、なるほど(笑) どうですかね~油なんかはやっぱりお湯の方が落ちるんじゃないかな?」
「まあ・・・そうだろうな」
「(笑) でも確かに水が冷たくなくなると洗い物するの楽になりますよね。お湯使うと手も荒れ易いですし」

「・・・森永」
「はい?」
「お前、もうしばらくしたら会社勤めするようになるよな」
「? そうですね」
「今までよりはたぶん時間の制約が増えるだろうし・・・忙しくなるかもしれん」
「はあ」
「だから・・・今まで通りに家事をこなそうと思わなくていいから。飯の支度とか、アイロンとか・・・」
「? 急にどうしたんです?」
「オレが出来ることはもちろんやるつもりだけど・・・出来ねえことが多いし。なんつーか、お前はオレに合わせて無理するところがあるから・・・」
「別に無理はしてませんよ。掃除も料理も好きだからやってるだけで、あ、先輩がオレの作ったご飯食べてくれるのはもちろん嬉しいですけどね」
「・・・お前にばっか負担かけてる気がすんだよ。二人で暮らしてるのに、オレは全然・・・」
「一人暮らしでもすることだし、やらされてるわけじゃないですよ」
「だけど・・・」
「気にしすぎです、先輩(*^_^*)」
「・・・」
「でも先輩がオレのこと考えてくれたのは嬉しいです。わかりました。これから忙しくなったりして色々出来なそうな時は無理しないで先輩に任せますね。それでいい?」
「・・・まあ」
「(*^_^*)」

「・・・まだ先の話だけど」
「なんですか?」
「就職して、忙しい日が続くようになったら・・・食洗機でも買うか?」
「食洗機?」
「洗いものしなくていいだけでもちっとは楽になるんじゃねーか? オ、オレがやるべきなんだろーけど、オレも遅くなることあるし・・・」
「先輩は・・・洗いもの溜めるのってダメ?」
「は?」
「朝の分は水に浸けといて夜まとめて洗ったり、夜出来ないなら朝少し早く起きて洗ったりすれば」
「それは、まあ・・・」
「もちろんオレと先輩のどちらかがやってもいいけど、二人でやれば皿洗いなんてあっという間でしょ?」
「だけど・・・毎日のことだぞ?」
「・・・毎日のことだから」
「?」
「ホントのこと言うと・・・先輩と一緒に出来ることを減らしたくないんです、オレ」
「は?」
「オレ、家事は得意な方ですけど、先輩と二人だともっと楽しいから・・・今みたいに二人で出来たらいいなって」
「・・・いつも二人でやってるわけじゃねーだろーが。オレが風呂入ってる間にお前が済ませちまうこともしょっちゅうあるのに」
「そういうこともありますけどね(笑)」
「・・・」
「でもこれはオレの希望なんで・・・先輩がイヤなら無理にとは」
「…やっぱ二人暮らしに食洗機は贅沢だよな」
「え?」
「オレは別に皿洗いが大変だと思ってるわけじゃねーから・・・生活が変わるのはお前なんだし、お前がこのままでいいならいいよ」
「はい(*^_^*)」
「まあ、食洗機なんかよりオレの方がキレイに洗えるけどな」
「そうですね(笑)」
「なんだよ? ニヤニヤして」
「いえ、別に。これからもよろしくお願いします、先輩」
「・・・こちらこそ」


おしまい


・・・
すっごくつまんないシチュですみませんっ(-_-;)

前回書いたお話が森永君にとって「特別」な幸せだったので
今回は「ありふれた」幸せを想像してみました。
・・・兄さんが「食洗機買うか?」なんて言うことはないと思うけど
森永君の負担を減らすにはどうしようかと考えることはあるかも。
でも森永君自身は二人で出来ることを楽しみにしていたりしてね。
お互い相手のことを考えているのに、いい意味でちょっとだけズレちゃう。
そういう二人が、どうやら私はとても好きらしいです(笑)

「こちらこそ」って台詞を言わせたかった。
どちらに言わせようかと随分悩みましたが、結局兄さんに言わせてみました。
どっちが良かったかな?

読んで下さって有難うございました。
 
スポンサーサイト



別窓 | 妄想会話 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<届いた!届いた!!届いた!!! | 天使の宝箱 | 妄想小話~幸せの時間>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 天使の宝箱 |