FC2ブログ
 
CD4巻感想~大遅刻だけど・・・(~_~;)
2011-11-09 Wed 01:07
諸事情で到着から二日間聴くことができず
のっぴきならない事情でさらに四日間感想の記事を書けなかったCD4巻。

今更感満載ではありますが暴君CD4巻の感想をちょっとだけ~。


普段BLCDはあまり聴かないんですよ、暴君を含めて。
それでも楽しみにしてました。
なんてったって4巻ですもの☆
以前からいろんなところで言いまくってるのでご存知の方も多いかもしれませんが
4巻が一番好きなんです!
好きな気持ちが強いならその分だけ不安も大きかったかというとそうでもなくて
なんていうのかな、
4巻のお話(あくまでストーリー)はCDでも楽しく聴けるんじゃないかと、
そんな風に思ってました。
聴くことに全然躊躇なかったです(笑)
THE 4巻愛!!! ← (違っ)


全体を通して緑川さん演ずる兄さんの声のトーンが“怒り過ぎてなくて”よかったです。
兄さんはいつも怒ってるけど、実はCD1巻を初めて聴いた時
「それはちょっと怒りすぎでは?」って感じたんです、個人的に。
今CD1巻を聴き直してみたら感じ方は違うかな?
随分聴いてないからわからないけど・・・(-_-;)
今回の兄さんも相変わらず口が悪くて無愛想で自分勝手だけど
普段の兄さんは怒っているというより「単に不機嫌そう」な雰囲気なんじゃないかと、
聴きながら素直に想像できました。
(※「不機嫌そう」であって決して「不機嫌」じゃないと思います(^.^))
なぜか本編?冒頭の「いい部屋見つけろよ」の喋り方にキュンとしました・・・なぜか(笑)
そんな常時無愛想声なのに、
「怖かったのはこっちだ!」から「二度とごめんだ」あたりまでは
森永くんを叱ってるような台詞なのにどことなく声が震えてるみたいで・・・
こっちまでうるっとしちゃって(ToT)
森永が死んだら、もしも永遠にオレの前からいなくなったら・・・って考えが怖くて
二度と嫌だって気持ちが、台詞だけじゃなく声からも伝わってきました。
んで、「こんな…こんな状態で~」のとこではぐっとしっとり感が増した声に
変わったのでドキッとした~(^.^)
CD収録の場合、当然ですが画はなく文字(脚本の台詞)しかないから
役者さんの頭の中で想像した心情や情景が演技になる訳です。
その演技が(画のある漫画の)原作とズレないところのはさすがプロ。
声のお仕事はこーゆーとこが大変で、またそれが凄さなんだと思います。

それから、かなこちゃんと森永君、相手によって明らかに違う兄さんの声のトーン。
年の離れた妹相手にはこんなにも柔らかい声で接するんですね(*^^*)
家族思いなところが伝わってきます。

森永くんは、今回はブラックエンゼルくんにはならないこともあって、
本質的なヘタレっぷりに磨きがかかってました。
これぞ鳥海さんの真骨頂!!
彼のヘタレな演技にはいつも笑わされます(^◇^)
ヘタレな台詞ではないですが、ホテルでの例の2すくみのシーンで出た
「かっこわるいっすね」が非常にツボでした(笑)

4巻といえば格闘シーンと火事のシーン。
恋愛方面以外で見せてくれた、森永くんの真剣で必死なところもよかったですね。
火事のシーンでは火の燃え盛る音がリアルで、すごく怖くなりました。
っつか、仏壇の下から森永くん助けたら早く家から出ようよ~煙にまかれちゃうってば~
と本気で心配しましたよ(笑)
のん気に話してるんだもん二人とも(決してのん気だった訳ではないのでしょうけど(・・;))
漫画で読んだときはそれほど感じなかったのですが、やはり背景の音の効果でしょうか?
早く逃げてって心の中で叫んじゃった。

あと、かなこちゃんのくったくのない明るい女の子の声が
色んな場面をさりげなく盛り上げてくれてました。
喜んだり心配したり説教したり、全部可愛い。
かわいこぶってる訳じゃなくて普通に可愛い。
兄さんは、かなこちゃんの「おかえり、兄さん」という明るい声にも
癒されているんだろうなと想像できます。
アットホームな場面の三人がほのぼのしてて面白かったですね。
兄さんの「パンツ」・・・声で聴くと笑えました~~。

4巻のCDを聴いて改めて思ったんですけど
森永くん、いつもは下心持ってないんじゃないかな?
持ってないというより、う~んと・・・下心で動いてないと思うんですよ。
下心はいつも心の奥に寝かせておいてなにかのきっかけでオンされる、みたいな?
4巻では森永くんの「下心なんてない」「下心で言ってるんじゃない」って台詞を
いっぱい聴いたような気がするんですが、
でもそれって最初はホントに下心じゃなかったよね?
下心に変化させるのは兄さんじゃん・・・?
兄さんが意識し過ぎるからホントの下心になっちゃうんじゃないの?
なんて思った(^-^)
まあそーゆー二人のズレが面白いのも「恋する暴君」だからなんでしょうね(^v^)

ついでに特典のおしゃべりCDに
ついてに一言だけ。
冒頭の喋り方・・・レ●風だったんですね(-_-;)
すみません・・・わからなかったです。
成田さん(国博さんの中の人)のモノマネかと思っちゃったよ(笑)
あと緑川さん的には4巻の兄さんは「デレ」だったんですね。
わかりやすい「デレ」でなく、兄さんらしい控えめ?な「デレ」を演じてくれて
ありがとうございました(#^.^#)

CD4巻は
すばらしく「ドラマ」でした。
CDを聴けばもちろん高永先生の絵が、漫画の場面が浮かぶけれど
単純にCDドラマとしても大好きです。
今まで以上に自然な「声のある」二人に会えた気がしました。

やっぱり私は4巻大好きです★
スポンサーサイト



別窓 | 暴君感想 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<妄想会話~香り控えめに | 天使の宝箱 | 中の人的妄想会話~3人だけの座談会>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 天使の宝箱 |