FC2ブログ
 
4月号買ってきました
2011-03-07 Mon 14:23
朝から結構な雨模様・・・ちぇっ、なんで今日降るんだよ~~(>_<)

2か月続いた発売日が月曜=仕事の締切日が今月で終わる。
来月からは余裕もって読めるぞ~★

そんな私の事情はどーでもいいっすね。
以下、適当なあらすじ含んだplan.7の感想です。
未読の方はご注意くださいね。
なお、詳細にあらすじは追ってません。
きちんとした内容を知りたい方はいつものように他の素敵ブログへどうぞ。



扉ページの担当は兄さん。
下の方を見つめてる兄さんの横顔はちょっと悲しそうな感じ?

「平気じゃ--ない・・・。苦しい・・・。
苦しくて、イライラして・・・・・・・」

宗一の苦悩に、いまだ答えは出ない。
答えを出すその日を、離れた森永は待てるのか・・・

待とうよ、森永くん・・・。


では本編。

兄さんはやっぱり松田さん家にお世話になることにしたようです。
かなこちゃんは予想通りびっくり。
「どうしたの?」と不思議そうに聞いてくるかなこちゃんに
「別に ・・・・・・いいだろうたまには」と曖昧に返事をする兄さん。

こんな返事じゃ“森永くんとなにかあった”って言ってるも同じだよ(^^ゞ

松田さんは全然気にしてないようですが、かなこちゃんは少し困惑してるみたい。

かなこちゃんよろこんだでしょう~ いやーあいつはいやがってました 
って手描きの台詞がなんかかわいいです(#^.^#)


所変わって二人のアパート。
バサバサと何をやってるかと思ったら
「オレもすぐ出ていけるようにしておいた方がいいよな・・・ アパートも探さないと・・・・・」
森永くん、引越できるように自分の部屋を片づけてました・・・(^^ゞ
本当に行動早過ぎだそっ。
こんなの見たら兄さんまたショック受けちゃいそうだな・・・。

つくづく・・・オレってあきらめ悪い
今までさんざん望み薄って思い知らされてきたくせに
・・・結局は嫌いになんてなれない

就職の話はそういう意味で良かったのかも って思ってます。

自力で離れることはできなかったけど 一緒にいることがなくなれば
きっと時間が助けてくれると
真崎さんのこともそうだったように 兄さんのことも同じように思える日がくると

何も感じないように いつかなれる

そんな風に思いにふけっていたら携帯が鳴りました。
そのお相手は

国博さんが訪ねてきましたー!
ちょっと近くまで来たから・・・ってなんすかそれ(笑)
森永くんも「はあ?」って・・・そりゃ言うよね。

広い部屋だと指摘されてシェアしてると話すと国博さんびっくり。
その台詞が
「お前あんな乱暴者と一緒にくらして・・・!?」
乱暴者・・・久しぶりに聞いたな~暴君ならではの呼ばれ方(笑)
それ以上言われちゃアレなので森永くん急いで「お茶入れる」と制止しました。

さて、国博さんが自分を訪ねてきた用件が気になる森永くん。
真崎さんの泊ってるホテルを知りたいと国博さん。
連絡がつかなくなっちゃったらしい・・・真崎さんも困惑中なのね。
「真崎さんと何かあったの?」と聞かれて国博さんは

「・・・どうしていいかわからないんだ」
「・・・お前になら・・・ 真崎の気持ちがわかるのか・・・と・・・」

恋愛対象として気になる と真っ赤になってぶっちゃける国博さん。

えっ えええええ~~~~~~~!!! ← 森永くんの心の声★

森永くん超びっくりです。
「~~~なんだっ その顔はっ お、お前なら大丈夫と思って話したのに・・」
なんか国博さんかわいいよ(#^.^#)

どうやら、例の嘘ついて真崎さんに会いに行っちゃった事件(笑)の時に
真崎さんも相手が国博さんだってことはぼやかしながら森永くんに相談してたようですね。
元々ノーマルな人が自分を気にかけてくれているんだ、と。

最近はいい雰囲気だったのに急に電話に出てくれないなんて と戸惑い気味の国博さんに
真崎さんだって色々怖いんじゃないの
兄(国博)さんが昔持っていたゲイへの酷い偏見のせいで傷ついたんだから
警戒するの当然だろ・・・ と森永くん。

そして続ける。
「本当にその気持ち恋愛なの?
恋愛ってことは・・・その、性的なことも関わってくるわけだし・・・・・」

「そ、そっちはまだよく解らないが・・・」と素直?に応える国博さん。
(※レイ●されたことは言ってません)

この答えが森永くんにはまた不思議だったらしいです。
「じゃあなんで恋愛だと思ったんだよ 友達とどう違うの?
ノンケってこれだから・・・! いざとなったらカン違いだったとか言い出したり・・・!」

おいおい、それ言ったらさぁ、真性ホモはケダモノって言われちゃうよ?
森永くんと真崎さんに関してだけど。

しかしビシっとお兄ちゃん、言いました。

「じゃあお前はできるのか?」
「は?」

「お前は 明日から女性を愛せと言われて 出来るのか? 出来ないだろ・・・・・・!
セクシャリティを超えるのは簡単なことじゃないぞ
時間がかかるのは当たり前じゃないか・・・!」

「オレだって怖いんだ・・・ 今までの自分を丸ごととりかえるような・・・
それでも分かちあいたいと思うのは 真崎のこと大切だから・・・・・・」

怖い・・・

この言葉に 兄さんの気持ちを重ねる森永くん。 

先輩も怖がってた 雄弁な先輩と話したような気分だった

一瞬解んなかったんですが、この雄弁な先輩ってのは国博さんのことを言ってんですよね?
この時の国博さんがまるでよく喋る兄さんみたいだったと?
非常に解りやすく森永くんに伝わったと思います。
さすが社会人、第三者への説明が上手い(違っ)
分かちあいたいっていい言葉だな・・・。

森永くんは自分の携帯を貸してあげ、
国博さんは自分で真崎さんの居場所を聞き出し会いに行きました。

ありがとう がんばって ああ の手描き文字が愛しいです。兄弟の会話だ~!
そして うまくいくといいな・・・・・・って 森永くん。
うん、うまくいくといいよね。

で、コーヒーが切れてたのに気付き買い足しに出る。
国博さんに出したのが最後の1杯だったのかな?
コーヒーはこの3月から値上げされましたからね、もっと早くに買っとくべきだったね
↑どーでもいい
いらないかもしれないけど って手描きがまたかわいくて・・・でも切ない。
兄さんが飲まないなら買い足す必要もあんまないって思ってるのかな。

オレは先輩が怖がってるの解ったつもりでいたけど・・・
そーゆーのを・・・ ずっと先輩は許してくれたということ・・・

『俺は折れて折れまくってるのに・・・ お前はすごく軽く考えてるだろ』
そんなこと言われたこともあった (と3巻のシーンを思い出す)

オレ・・・ 焦りすぎていたのかな・・・
何年も片想いして 俺にとっては長い時間だったけど
先輩にとってはまだ1年も経ってない
もっと時間が必要なのかな・・・

俺が思うよりもっとずっと長い時間が・・・・・・?

でも・・・ないかもしれないゴールを目指すのは・・・・・・ 正直 難しい・・・・・


松田さんに「お風呂ありがとうございました」って
お礼を言ってるパジャマ姿の兄さんのコマで ひとまず終了。
ここからは兄さんのターンかしら??

残り半分は次号につづく。



ゴールかあ、ゴールねえ・・・。
森永くんが今考えてるゴールって兄さんと両想いになること、なのかな?
一生のパートナーとして生きていこうっていう約束を得ることとか?

受験が成功したからってそれはゴールじゃない
就職したからってそれはゴールじゃない
結婚することがゴールじゃない
すべてそこからがスタート っていうじゃないですか。

まあそんなことは別にいいんですが、
その時その時の状況でゴールの設定を変えるのもありですからね。
一つのゴールで次のスタートを切れる訳ですし。

ゴールってさぁ、なんだかんだ言って死ぬ時じゃないのかな?
誰に看取ってほしいか
誰を看取ってあげたいか
もしも今急に大災害とかで死ぬのだとしたら誰と一緒にいたいか
誰に一緒にいてほしいのか
そんなことを普段から考えられたら もっと単純に生きられるのにね。
自分も含めてそう思う。

あと兄さんにゴールを期待するのは誰でも難しいと思うよ。
どちらかが女性だったとしても、兄さんが誰かを愛するってことがなかなか想像しにくい。
というか、ずっと森永くんが兄さんのポールポジションですよ★
ゴールは見えてないみたいだけど・・・。
兄さんは出来もしない約束は絶対にしないから、
そーゆーものを求めてしまうと辛くなるのは確かだけどね。

解る、解らない っていうのは暴君という作品の内なるテーマだと思ってるんですが
解んないことは解んなくていいじゃん、って思います。
解んなくても、解んないからこそ歩み寄れるんじゃないのかな?


私事で恐縮ですが、出産がえらくスムーズで早かったんですよ。
そしたらダンナは「こんなもんなのか~」とか言いやがってですね
ふざけんなーーー!!と思ったわけです。
こっちは悪阻で気持ち悪い思いして10カ月も重いお腹かかえて
スピーディーな出産はそれ相応にすっげえ痛いんだよっっ!! ってね。
でも男には所詮解らんことです。
解ろうとしなくていから(っつか解ってるよって言われてもハア?ですが)
その分大変なんだろうなって想像して欲しかったですね。
男の自分が思う以上にキツいんだろうから大切にしてあげよう、とかさ。
もう忘れるくらい前の話ですけど(笑)

相手のことが解らないのはとってもとっても普通のことなんだから
兄さんも森永くんも 解らないけど一緒にいたいから考えてみる、くらいでいいんじゃないでしょうか。
間違ってもやりなおせばいいんだよ。
間違いを許してくれないのは相手じゃなくて自分の方なんじゃないだろうか。

どうなんだろう? どんなふうに考えてるんだろう? 
どんなふうに考えてあげればいんだろう?

そしてその人が 自分の一番好きな顔をいつでもしてくれるように
大切にしていけたらいいな。

・・・と、全然相手を大事にしない私が言ってもなんだかなって感じですが
とりあえず終わります。
誤字脱字は後でチェックしますね~。

読んで下さって有難うございました。
スポンサーサイト



別窓 | 暴君感想 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<地震 追記1 | 天使の宝箱 | 会話作文~兄さんは心配性>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 天使の宝箱 |