FC2ブログ
 
近くにいてくれたらなあ、と思うのです
2011-02-04 Fri 19:23
昨日2月3日は節分でしたね。
そして・・・にいさんの日と言ってもいいかも、な日。
なのに作文のネタも浮かばないし、なんとなくどよ~んとしておりました。

以下、考察と言えるほどのものではないのですが私がずっと思っていること。
若干視点・論点がズレてるんじゃないかと思います(笑)が
読み流して下さるという方はどうぞ。



7章で真崎さんが名古屋に来て、森永くんは彼と二人で話すことができましたよね。
ここで思ったんですよ。
森永くんには兄さんとのこと(恋愛事情)を話せる知り合いがいていいな~って。

・・・初っ端から論点がズレてますか? すみません(笑)

森永くんには、ヒロトくんというノロけたり愚痴を聞いてもらったり
悩み相談なんかもできるゲイのお友達がいます。
そして真崎さん。
今後森永くんが彼と連絡を取り合っていくのかどうかは別として
(国博さんから聞いて)兄さんとの付き合いを知ってる真崎さんには
大して隠すこともなく兄さんのことを話すことができたでしょう。
ヒロトくんも真崎さんもゲイだから、森永くんの気持ちをゲイの立場でとらえることができる。
きっと共感してくれたりたしなめてくれたりもするよね。

しかし

兄さんにはこーゆー人がいない。

まあ友達自体少ない人ですからね(^^ゞ
ぶっちゃけられる友人が森永くんにいて兄さんにいないのは
間違いなく二人の性格の違いによるものなんでしょうなあ。
森永くんの人懐っこさや明るさや穏やかさが兄さんにはないもんね。
近づきがたい、親しくなれないなって思われるタイプ。

かといって今更兄さんの性格をどーこー言うつもりはないのです(言ってるかな?)。
寧ろそんなとこが魅力な訳で、あの冷たそうな見かけの内側はすっごく優しいから
そのギャップにすっかりやられてるし。


少し話が逸れますが、どーしたら兄さんが恋心を自覚できるようになると思います?
今のところ(あくまで今のところ)
森永くんがどんなにどんなに「好き」と熱くアタックし続けても
森永くんとだけ特別に肌を重ねることが出来ると解っていても
それが「森永を好き」と自覚するまでに至ってないですよね。
つまり
兄さん本人はもちろん、お相手である森永くんでさえ
兄さんに自覚させることが出来ないでいる訳ですよ。

やっぱり兄さんは恋した経験がないんだろうな。
経験則というものが見えなさすぎる。
または「森永を好きになることはあり得ない」と完全にインプットしてしまってるとか。
その両方かもしれない。

兄さんは科学者なのに、
自分の動向に対して仮説を立てることも検証することもしない。
だから確証(答え)を得ることも反証(否定)することも出来ない。
自分が以前と違うと、「ペースを狂わ」されてると思っていても
答えを見つけるどころか原因?さえ考えることをしない。



さて、戻ります(笑)

周りの人に手助けされながらも自分自身で「この気持ちは恋なのか」どうかを
検証した人がいます。
そう、それは

巴くん!!!

この兄弟、恋愛については状況が似てるとこも多いんですよね(笑)
ただ
「好きかもしれないけど違うかも」と仮説?を立てて自分で自分を試してみた巴くんと
「好きになるわけがない」と決めつけ、仮説を立てることも出来ない兄さん
ここが違う。
この違いが答えを出せるか出せないかに繋がっているような気もするんです。

兄さんが弟の巴くんに森永くんとのことを相談することは絶対にないでしょう。
というより「オレとお前は違う。巴は道を外した」って思っているかもしれない。
でももし今、巴くんが兄さんの近くにいて
黒川さんとの恋が成就するまでは実は簡単じゃなかったと
(実際、巴くんの恋を邪魔してた一番手は兄さんでしたし(笑))
あっけらかんと喋るのを兄さんが聞くことがあったら
天然ボケの彼も悩んで勇気を出して自分で確認しようとした事を知ったら
何かしら感じてくれることがあるんじゃないかなって
恋を自覚するところまではいかなくても少しは考えるってことが出来るんじゃないか、
そんな風に思うんです。

頑固で融通のきかないところがある兄さんは
他人の誰かの意見に耳を傾けることはもちろん
誰かと自分を比較したり誰かに照らし合わせて考えたりすることもあまりないですよね。
そんな兄さんが、少しだけど他人の言葉に自分を照らし合わせてみたことがありました。
その相手が巴くん。
チャレ時代、森永くんに告白されたすぐ後で東京の巴くんに逢いに行って
「真剣に考えて解ったこともあるし、こうなって良かったなあって思うことも多いよ」
という巴くんの言葉に
「オレには無理だな」と考えた兄さん・・・。
そう、あの時兄さんは森永くんと自分の関係について考えてみたんだよね。

今はあの時と状況は違うけれど、巴くんなら他意なく
兄さんに考える気を起こさせてくれるんじゃないかな~って思う。
巴くんが積極的に何かしなくても、ただ近くにいるだけで。
甘い考えかな? なんつっても兄さんだしね・・・(笑)

ちなみに、真崎さんは逆方向から兄さんをつつく存在だと思ってます。
兄さんにとっては“水と油”“犬と猿”ってくらい嫌いな人間だから
何を言われても絶対反発するよね。
実はその反発も進歩のひとつで悪い意味ばかりじゃないんだけど
真崎さんに対しては当分頑ななんじゃないかな~。

あと磯貝さん。
彼は同性と恋愛してないですからね(笑)
どんなに大人的ないいアドバイスや刺激をくれる人であっても
彼に自分を照らし合わせて考えてみることはできない。
でもね、兄さんには磯貝兄さんみたいな少し大人で実は思いやりがあるような
年上の友人がいてくれたらな~とも思います。
兄さんは嫌がるだろうけど(笑)


本編では巴くんとのこーゆーやりとり?の場面は出てこないと思うから
ここで書いてみました。
あ~、何年もぼんやり考えていたことがやっと書けました(笑)
書いてみたら案外書けるもんだな・・・全然まとまってないけど(^^ゞ


変な記事書いてすみません。
解りにくかったですよね、ごめんなさい(;一_一)

でも読んで下さって有難うございましたー!

スポンサーサイト



別窓 | 暴君考察 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<3月号買ってきました | 天使の宝箱 | 兄さんは解ってない・・のかな?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |