FC2ブログ
 
兄さんは解ってない・・のかな?
2011-01-29 Sat 00:23
7章を読んでの考察というわけではないのですが
今更ながら
根本的なとこでちょっと疑問が・・・。


兄さんが解っている(であろう)こと・・・
森永くんが自分を恋愛対象として好きだということ。
これは解ってるよね?
日常会話の中に織り交ぜて「好き」って言われたり
色んな場面で熱い告白されてますからね。
そして、森永くんが兄さんと「したい!」と思ってることも解ってる。
あれだけ迫られてればさすがに解らないはずがない。

でも兄さんは解っているんだろうか?
森永くんの「好き」「したい」の中に
「自分を好きになってほしい」「恋人になりたい」
という気持ちが含まれていることを・・・。

最近の兄さんはなにしろ可愛くて人並みに?ぐるぐるしたりするものだから
私もちょっぴり忘れかけていましたが

兄さんは普通の人ではないんだった!!


「好きです」って告白されたら、積極的に考えなくても少なからずそこには
=「付き合って下さい」って意味が含まれてると思うよね?
YES・NOという返事はまた次の段階の話で
「好き」と言われた→どう応える?→つまり相手は何の目的で告白した?
→俺と付き合いたいのか?→さあどうする?
みたいな考え方をしますよね?
なんとなく、というか自然にこう考えると思うんですよ。

でも普通の人じゃない兄さんは
「先輩と恋人になりたい」「俺を好きになってほしい」という
森永くんの本当の願望に気付いてないんじゃないか・・・と思ったんです。

森永くんもね、「好き」「したい」と何度も言葉にしているのに
「つきあってほしいんです」的なことは言ったことないんです。
心の中では「恋人だったら」「恋人じゃないから」ってあんなに言ってるのに。
まあ言えないですよね・・・玉砕するのが目に見えてますから。
っつか、森永くんもまさか兄さんがそこを解ってないとは思ってないだろうな。
普通は解ってると思うもんね、普通は。

もしかしたら告白&初キスのあたりでは兄さんも
森永くんの「好きのその先の気持ち」を少しは意識してたかもしれない。
でも体を求められるようになってそれに応えて?いくうち
それが森永くんの気持ちに応えてると、そう思ってしまってるんじゃないかと。

森永くんの台詞で「俺の『好き』はこうゆう『好き』なんです。抱き合いたいんだ」
ってのがありましたが、兄さんはその言葉通り受け取ったのかも。
その後も、森永くんの「好き」はふぃじかる的なとこで表現されることが多いから
兄さんの中で森永くんに求められて肌を重ねることは
「好き」に応えていることと同じような意味になってきていないか、と。

二人は、お互いに妥協して許しながら相手を求めて離れないでいる。
良くも悪くも曖昧な関係のまま流されてきて
兄さんにとってはもちろん、もしかしたら森永くんにとっても
「逃げやす」くて「心地いい」関係になっていたのかもしれない。

plan.5で森永くんが言った「一生のパートナーになりたくて」という台詞
あれは森永くんとしても初めてに近い明確な意思(願望)表示だったと思います。
あのタイミングでなかったら
違う場面で言えていたとしたら
どうだったのかな?
兄さんにはちゃんと伝わったんだろうか?

兄さんが「森永を好き」と自覚できた時には
森永くんの気持ちにちゃんと応えることもできると思う。
それまでは解らないのかな?

言葉だけが大事というのではないし、もちろんスキンシップも大事。
それでも
「体からおとされて」でも「体に心が追いついていかない」兄さんと
「体の中に兄さんの気持ちを見つけようとする」森永くん
この二人の恋愛はやっぱややこしいんだなあ・・・。
スポンサーサイト



別窓 | 暴君考察 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<近くにいてくれたらなあ、と思うのです | 天使の宝箱 | 妄想会話~恋の結び方>>
この記事のコメント
そう思います。
こんばんは~
私の中では結構日和さんの兄さんの考察って合っているんじゃないかと思っています。
若いころは相手に彼女がいても、今後伝えるチャンスが無かったら「先輩好きですよ~」とか「好きでした」とか言っていた気がします。この時伝えてすっきりさせたかっただけで付き合うとかは考えていません。付き合って欲しいときは「好きです。付き合ってください」になるわけで・・・1巻のオマケでも恋人関係を全面否定していたので兄さんの中では付き合ってないと考えても仕方無いかもしれません。森永が自分の事を好きで「したい」から、自分は森永が望むので仕方ないから「する」んだけど、もともとの自分のポリシーを曲げても関係を持つということは自分が森永に対してそれだけ執着しているという事実に今回は蓋をせずにじっくり考えて欲しいなと思います。
「一生のパートナー」も一番最悪のときに言ったので状況と言い方が違っていれば兄さんも怒らなかったと思います。現実的に考えてパートナーがいれば経済的には助かるけど、兄さん一人で過ごしていたときから研究や就職の事について考えていたようなんで、どんなに貧乏が待っていても人に養ってもらうような事は言われたくなかったんじゃないかなと思っています。
2011-01-30 Sun 23:23 | URL | うら #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
うら様

うらさん、お久しぶりです★
レスが遅れて申し訳ありません。

自分が好きなだけでいいならずっと片想いでいますよね~。
片恋は独りよがりだけどずっと好きでいられますもん。
あと、自分ではもうどうにもできなくて煮詰まって
はっきり終わりにしたくて振られるために告白することもありますよね。

森永くんの最初の告白はどこまで望んでいたのかは微妙?ですが
告白した後も自分を離さない兄さんに「今以上の関係」を望むのは
本当に普通の感覚だと思います。
兄さんが普通レベルで考えられてない気がしてならないんですよ~。
でも読み返す度に森永くんのふぃじかる的アタックが多いのに気付きます(笑)
もちろん兄さん相手だからなんでしょうけど
あれじゃあ「体目当て(というか体が一番)」と思われてもしょうがないかなって(^^ゞ

森永くんは就職のこともあって本気で二人の将来を考えたんですよね。
なんとなく、波風立てずに流されていれば
きっと兄さんと一緒に生きていくことはできたと思うけど
曖昧でない、はっきりした応えが欲しかったのかもしれませんね。
ちなみに私、女ですが経済的に支えたい的な言われ方は絶対嫌です。
漢!な兄さんだからプライド傷つけられたを思ったでしょうね。
あのタイミングでなかったら、森永くんの言い方がもう少し違ってたら
兄さんにも森永くんの本心?は伝わったかもしれないのに・・。

レスが長くなっちゃってすみません。
有難うございましたー!
2011-02-01 Tue 00:14 | URL | 日和 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |