FC2ブログ
 
妄想会話~恋の結び方
2011-01-25 Tue 19:23
ふと思いついたので作文を・・・でも短い妄想会話です。
読んで下さる皆さんの妄想力で萌えにも笑いにもなる・・・はず(^^ゞ

なんとなく甘そうなタイトルですが中身はそーでもありません。
また、作文内容は本編とは無関係です。
二次創作等が苦手な方は読むのをご遠慮くださいね。

期待しないで読んでくださる方はどーぞ。



「お隣さんから蜜豆の缶詰もらったんですけど、デザートにどうですか?」
「蜜豆か。久しぶりに食べる気がするな。オレはちょっとでいいから」
「はあい❤」

「さくらんぼが二個入ってたんで一個ずつ分けました」
「おう」
「そういえば、さくらんぼの茎を結べるってそんなに珍しいことじゃないんですね。山口も出来るんですよ」
「ふ~ん」
「オレ、自分が出来ないからすっごい特技だとずっと思ってたんですよね~」
「へえ・・・そうなのか?」
「ん?」
「あ、いや別に・・・」
「先輩、今の反応・・・なんですか?」
「へ?」
「どっちだと思ったのかなって」
「ど、どっちって?」
「意外だな、なのか、やっぱりな、なのか」
「な・・・」
「教えてください。どっちでした?」
「どっちもなにも・・・なんも考えてねーよ。なんだよ反応って」
「ふ~ん。まあいいですけど(^u^)」
「・・・っ」
「ところで先輩は出来るんですか?」
「?」
「さくらんぼの茎、結べます?」
「・・・まあな」
「へえ、いいな~。どうやったら結べるんですか?」
「どうって・・・初めは茎で輪っかを作るような感じで」
「ちょっと結んで見せてくれません?」
「はあ?」
「いいじゃないですか。ね、お願いします」
「・・・う・・・だからこの茎をこうして・・・~~~~」
「(くすっ)」
「あんらお(なんだよ)?」
「いや、口をムグムグさせてる先輩、可愛いなあって(#^.^#)」
「!!」
「あれ、もう出来たの?」
「・・・てめえが見せてくれっつうからやったんだろーが。わ、笑ってんじゃねーよ(赤面)」
「すみません(笑)」
「・・・ほれ」(ぺろっと舌を出して結ばれた茎を見せる兄さん)
「これまさか、二重結び?」
「ああ」
「こんなの初めて見ました。すごいな~」
「子供の頃から普通に結べたけどな」
「すごい・・・けど、なんか・・・」
「・・・なんだ?」
「いえ、なんでも(笑)」
「なんでも、じゃねーよ。なんだよその笑いは? お前こそくだらねーこと考えてんじゃねーのか?」
「なんも考えてないですけど。くだらないことってなんですか?」
「・・・とぼけやがって」
「別にとぼけてないけど」
「い、意外だとか思ってんだろ、どーせ・・・」
「思ってないですよ」
「意外で悪かったな」
「だから思ってないってば(笑) なんでそんな風に思うんです?」
「・・・もういい」
「(笑) 練習すればオレでも結べるようになりますかね?」
「・・・さあな。っつかどーでもいいだろ、こんなの」
「でも出来るようになりたいですよ」
「・・・」
「上手に出来る方法教えて下さい、先輩❤」
「・・・方法なんて知らねーよ。勝手にやってろ」
「まあ、こっちで練習しなくてもいいか・・・」
「ん? なんだって?」
「いいえ、なんでもないです(笑)」
「・・・その含み笑いやめろって」


おしまい


敢えて言葉に出してませんが、
二人が何を想像しながら喋ってるかはお分かりですよね(#^.^#)
本当の森永くんはさくらんぼの茎を結ぶの上手いんじゃないかと思います。
もちろんあっちを考慮しての推測です(笑)
今回は意外性で兄さんが凄技を持っている設定にしてみました。
結べない森永くんと結べる兄さん、お互いにどう思ったんでしょうかね~。
そこは皆さまのご想像にお任せします★

読んで下さって有難うございましたー!



おまけ

「舌の使い方がポイントなのかな?」
「・・・そうかもな」
「こうしてこうやって・・・ん・・ん~」
「・・・っ」
「先輩?(くすっ)」
「ふ、ふんっ(赤面)」
「あ~、やっぱり出来ないや。難しいですね」
「だから別に出来なくても・・・」
「出来た方がいいでしょ? 先輩も」
「は?」
「オレが結べるようになったらきっと、もっと・・・」
「な、なに言・・・」
「それとも、今のままでいい?」
「そ・・・」
「別の方法で練習したら、出来るようになるかも」
「・・・別?」
「うん・・・先輩で❤」
「ちょ、ちょっと待・・・んんぅ・・・」


だから・・・こんな風にはならないってば(^^ゞ
スポンサーサイト



別窓 | 妄想会話 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<兄さんは解ってない・・のかな? | 天使の宝箱 | 会話作文~飽きのこない君の>>
この記事のコメント
今日も素敵な小説ありがとうございます~(*^^*)

兄さん流石です!
森永君はどう転んだって幸せだろうなぁ♡♡
森永君がもし練習して出来るようになったら
兄さんはどうなっちゃうのでしょうか( ̄ー ̄)ニヤリッ
今よりもっとガクガク♡になっちゃいますね(●´艸`)ヾ

2011-01-25 Tue 21:14 | URL | 狐 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
Re: 嬉しいです~~★
狐様

コメント有難うございますー!
小説だなんて・・・SSと呼ぶのもおこがましいくらいの駄文ですみません。
心情や情況の描写がとにかく下手なので
会話メインの作文しか書けないんですよ~~(ToT)

兄さんも実は「出来るようなったら困る・・・」って思ってるかも❤
もちろんそんなこと言わないでしょうけど(#^.^#)
でも何気に兄さんの方も上手になってるかもしれませんね。

読んで下さって有難うございましたー!

2011-01-26 Wed 08:20 | URL | 日和 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |