FC2ブログ
 
1月号買ってきました・・・
2010-12-07 Tue 13:23
plan.3からこっち、どっぷり凹み中でした。
(ドタバタな作文書いてても凹んでたんですよ、ホントに)
plan.4を読んだらきっと浮上できる! 
そう思いながら書店に走りました。
表紙だって着物だし、これはイケると。

結論・・・

もうしばらく低テンションが続きそうです・・・・・・。

以下、ちょっとだけ感想・・・。
それなりにネタばれしてますので未読の方はご注意ください。
また、かなり適当なあらすじの追い方してますから、
ちゃんとしたあらすじを知りたい方は他の素敵ブログへどうぞ<(_ _)>


今回は笑うとこが無いっていうか、ひたすらシリアスですね。
兄さんと森永くんの二人の会話も少ない。
二人が別のとこで別々に喋ってる印象が強い。
それは物理的に二人が一緒にいる場面が少ないということで・・・。

真崎さんのからのメールの内容は
「近いうちにもう一度会えないか?」というもの
それでも森永くんは、兄さんの「二度と会うな」という気持ちに応えるべく
ちゃんと断ろうと思ってます

真崎さんがそんなメールを送ってしまったのはそれなりの理由?があったようです
ホテルに戻ってからもらった国博さんからの電話がそれ

『・・・帰ってきたら 会ってくれないか・・・・?』

酷いことをした自分に執着する国博さんの真意がつかめずに真崎さんは悩みます
でも真崎さん、自分でも言ってるけど森永くんにメールしてどーすんですか?

真崎さんに電話して「忙しい」ことを理由にやんわり会えないことを伝える森永くん
(ここまでは良かったんだよ、ここまでは)
だけど電話口の真崎さんの様子が少し変だということに気付いてしまって
「さよなら」の挨拶で、彼が自殺未遂したことを思い出してしまいます

まさかそんな 考えすぎだって
でも ・・・・・・・・ どうしよう・・・


plan.3を読んだ時
森永くんは、今の真崎さんがあまり幸せそうじゃないと感じたんじゃないか、と思いました。
そしてその原因の一片は自分にもあるんじゃないか、とか。
森永くん、優しいからね・・・。
実際は森永くんも傷ついて苦しんで色々失ったんだけど。
なんというか、それでも今は兄さんという人と出会えて幸せだから
儚げな真崎さんが心配になるのも分からなくもない・・・。

真崎さんの不安定さに、森永くんと更に兄さんまで引きずられてるなあ、と思う。
それほどにこの人の負のオーラというかパワーはすごい。


そして やっぱり?山口くんから森永くんの就職の話を聞いてしまった兄さん
いい話なら応援するのに
っていうか大学に残ると疑ってなかった
なんでそんな風に思い込んでたんだ?
なんで 山口が知っててオレが(就職話を)知らんのだ・・・?
なんで・・・・・

兄さんは自分の気持ちも森永くんの真意も分からない

電話して戻ってきた森永くんから 今夜急用ができた と告げられます
それも 先輩の知らない友達 と会うと・・・

会う相手を気にしたり急に怒鳴ったり
兄さんの様子がおかしいと思ってもその原因がわからない森永くん

『まさか真崎さんのことは・・・ バレてるはずないし・・・』
ないよね?
ごめん先輩 でも今回だけだから・・!!

とか、手書き文字のとこで言い訳してますけど
1回でも嘘ついたらずっと嘘つかなきゃいけなくなるんだよ、森永くん・・・。
今回だけ、じゃきっと済まない・・・この優しさは罪だ。
いや、やっぱり森永くんが真崎さんを過剰?に心配してしまうのは
過去が完全にふっきれてないからなのかな?


1人になった兄さんの苦しいモノローグ・・・
「なんでオレに就職話を相談しない?」
「そもそもなんでオレより先に山口に話したんだ?」
「電話の相手は誰だよ」
「オレの手伝い放り出してでも相談相手になってやりたいくらいの奴って・・・」
「どんな関係の・・・・・・」

なんでオレは・・・ 聞くことすら出来なかったんだ?

ずっと普通に当たり前だとおもっていたことが当たり前じゃなかった。
森永くんに自分より優先する相手がいるってこと、きっと兄さんは考えたことがなかった。
求めたことも疑問に思ったこともなかったんだよね、兄さん・・・。
そして「聞く」だけのことができなかった自分にも驚いてる。
今までは言いたいことはその場で言えてたのに、なぜこんな風に黙ってしまうのかと。


ラスト・・・飲みたい気分になって店に向っていた兄さんの目の前に現れたのは
バーから寄り添って出てきた森永くんと真崎さん

「・・・・・・・・・ ・・・・・・・・ 森永?」
「えっ・・・ 先輩!?」


とぅびぃこんてぃにゅーど・・・

最後の兄さんの「森永?」までの「・・・」がすっごく長くて・・・
なんだ? まさか? 信じられない・・・ って兄さんの戸惑いが聞こえるようで
辛いよ~~~(ToT)


せめて・・・真崎さんが心配だから会いに行きたいと
兄さんに正直に言って欲しかったよ、森永くん・・・。
結果、兄さんが誤解したり切ない思いをするのは同じだとしても嘘だけは嫌だった(T_T)
「二度と会うな」と言った兄さんの気持ち、兄さんより分かる森永くんなのに・・・。

しかし真崎さんは子供っぽいですね、不安定なとこが。
昔裏切った年下の元カレについつい甘えてしまったり
新しい関係を築きたいと思う国博さんにはあーゆー態度で接したり・・・
どーしたいんだよ!!
ってそれは真崎さん自身分からないみたいですが。

真崎さんの存在が兄さんを切なくさせる一因になってるとしても
それを覆すくらい男らしい森永くんが見たいです・・・先生。
スポンサーサイト



別窓 | 暴君感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<会話作文~チャレ座談会7 | 天使の宝箱 | 明日の前に>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |