FC2ブログ
 
部屋の中心で4巻への愛を叫ぶ★
2010-10-26 Tue 18:23
暴君のコミックの中では4巻が一番好きです!!
という話・・・



どの巻にも好きなシーンや萌えどころはいっぱいいっぱいありますが
総合的に見て
ちょっとの差なんだけど ダントツで(←??)
4巻が好きなんです。

超レアな兄さんの笑顔とか
兄さんの皿洗いシーンとか
兄さんからのキスとか
すり・・・とか
あと意識なくしたことに気付いて起きる森永くんも
(森永くんが意識をなくす描写ってあんまりないと思うんだけど・・・相当良かったのかな(笑))

そんな素敵シーンは数々あれど
やっぱり満員電車のシーン!
4章の最初で心を鷲掴みされましたね。
なんというか・・・
くっついてるのにくっついてない、くっつけない・・・
そーゆー微妙な密着具合がたまりませんっ。
二人とも(別の意味で)無理してるのに嫌がってない(嫌がれない)
そんな場面。
満員なんだし、あかの他人だったらくっついても平気なのに
兄さんは森永くんにくっついて欲しくないと思うし
森永くんは兄さんを抱きしめちゃいけない、って思う。
意識し合うからこそ、満員電車の中で数センチでも距離を空けようとする
そんな二人の様子が微笑ましくて可愛らしくて
大好きです!!!

そして
「・・・かなこを守ってくれて ありがとうな」
背中を向けてお礼を言う兄さんが
なんだかとっても兄さんで(意味わからんっ)好きなんです。
この台詞の前はがっつり森永くんに迫られてるのに
それとは切り離して?ちゃんとお礼を言う兄さんが素敵(*^_^*)
それを受け止める森永くんもまたいいですよね。

あとですね
とっても小さいとこなんですけど
電車を降りた後に女性からお礼を言われた兄さんの
「大丈夫だったんですか?」
「そりゃー良かった お大事に」
という台詞が、いいな~って思うんです。
ものすごく他人事っぽい感じしません?(笑)
それがとっても兄さんらしいなって。
もし森永くんが同じような台詞を言ったとしたらかなり印象が違うような気がします。
森永くんだったらきっと「大丈夫でしたか?」って一番に身体の事を心配してくれそう。
でも兄さんは
自分がムカついただけなんだと
だから別に助けたわけじゃないんだと
相手に“余計な気を遣わせない”言い方をする人なんだなって。
う~ん、ちょっと違うかな?
とにかく、相手の人が何度もお礼を言わなきゃいけないと思ってしまうことは
言わない人なんだな~って思ったんですよね。
・・・まあホントに他人事だと思ってのかもしれないですけど(^^ゞ


森永くんが怪我したり危ない目にあったり
実家に放火されたりして
ストーリーとしては悪いことばかり続いた4巻ですが
読むといつもあったかい気持ちになれるから
今でもやっぱり4巻が大好きです。 
スポンサーサイト



別窓 | 暴君的だだ喋り(雑記) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<会話作文~熱視線 | 天使の宝箱 | 会話作文~何度季節が変わっても>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |