FC2ブログ
 
会話作文~君の夢をみた
2010-10-12 Tue 11:23
G様の素敵SSを読んで
ちょっぴり妄想が浮かんだので書いてみました。

G様のSSは切なくてきゅぅんっ♡ってなっちゃいますが
こちらはお笑いテイスト全開の作文となっております。
plan.3で眠っていた兄さんの見てた夢・・・という点はG様と一緒ですが
私のはたぶん見ていないであろう夢の妄想です(笑)

SS苦手な方、切ない系をお望みの方はお読みにならないで下さいね。



あの後ろ姿は・・・森永だ。
おい、森永・・・

宗一はその背中に声をかけた。
振りむいた笑顔になぜかホッとする。
一瞬森永の体がぐらついたかと思うと、何かに引っ張られるように足元から沈んでいく。
「森永!」
叫んでも森永の体は沈み続ける。
助けようと走り出したその時。

「あなたは今何かを落としませんでしたか?」
宗一の目の前に突如現れたのはよく見知った顔。
「は・・・? い、磯貝、何やってんだお前?」
「オレは磯貝じゃなくて魔法の泉の妖精☆ 妖精の質問にはきちんと答えてもらわなきゃ」
チッチッと人差し指を立てて動かしながら、そう説明する。
「よ、妖精?」
「そ。君の大事な落し物を救ってあげようと思って姿を現したの」
「・・・」
「何か言いたそうだね」
「言いたいことはあるけど・・・それより森永を、その泉とやらに落ちた奴を助けないと」
「あわてないあわてない。ここは魔法の泉だからね。君には助けられないけどオレなら魔法でちょちょいのちょいだよ」
「ならさっさと助けろよ。急がないと死んじまうだろ」
「では質問です」
「し、質問?」
「あなたが落したのは、発情期が年に1度しかない淡白な森永くんですか? それともホモじゃないノーマルな森永くんですか?」
「はあ?」
「それとも恋愛対象として問題ない女性の森永くんですか?」
「れ、恋愛?? いい加減にしろ。なんだそりゃ・・・」
「答えてもらわないとオレも助けられないんだけどな~」
「そんなの森永じゃねえ。こいつは・・・色ボケしてて、ホモで、男なんだ」
「えっ? それでいいの?」
「なにがだよ?」
「君、彼に言い寄られて困ってるんじゃなかったっけ?だから君の希望通りの森永くんで蘇らせてあげようと思ったんだけど?」
磯貝、ではなく泉の妖精は悪戯っぽい眼をして問いかけた。
「余計なお世話だ! こいつは優しくていい奴で、そりゃお節介だったり時々迫られて困ることもあるけど、それが・・・森永なんだよ」
言いながら、森永が泉に落ちたのだということを思い出す。
「いいから早く助けろ。妖精だかなんだか知らんが魔法が使えるんだろ? 本物の森永を返せよ!」
必死に訴えると、妖精は満足そうに頷いた。
「分かりました。それでは最後に一つ」
「なんだよ? さっさと言えよ」
「森永くんのことが好きかい?」
妖精の問いかけに宗一は一瞬面食らった。
「な、な、・・・」
動揺して思わず目を逸らしてしまう。
「答えないと、彼助からないよ。いいの?」
そう言って、宗一の顔を楽しそうに覗きこむ泉の妖精。
「ほらほら、急がないと完全に泉に沈んじゃうぞ?」
「・・・っ」

体から絞り出すような声で、俯きながら宗一は口を開いた。
「オ、オレは・・・森永を・・・」
その後の言葉が続かない。
「オレ・・・は・・・」
「はい、まあそんなとこでいいでしょう。それっ★」
妖精が言うのと同時に、沈みかけていた森永の体がふわりと宗一の前に浮き上がった。
後ろへ倒れそうになる森永の腕を掴もうと、宗一は手を伸ばす。
「森永!」

「もり・・・な が・・・」
その手を掴んだ気がした。
「は・・・はい・・・?」
名を呼んだ瞬間に横から声が返ってきた。
森永の声だ・・・。
よかった・・・助かったんだな、森永。

「・・・あ?」
そこはリビングだった。ソファで眠りこんでしまったらしい。
夢から覚めた宗一はぼんやりと目の前の相手を見つめた。
「帰ってたのか・・・おかえり」
なにか夢を見ていたような気がする・・・しかし目覚めた宗一は見た夢の内容を忘れてしまっていた。
それでも、宗一は目の前にいる森永の姿になぜか安心している自分に気づき、不思議に感じるのだった。


おしまい


こんな夢、見ないよね~(;^_^A
読んで下さって有難うございました。
スポンサーサイト



別窓 | 会話作文 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<私はどうなったんだ・・・? | 天使の宝箱 | 超展開を期待してしまう・・・>>
この記事のコメント
こんばんわ 

磯貝さん 兄さんの夢にまで出てきますかっ!!
魔法使いの次は 妖精ッッッ!!
なんとなく 似合いそうですよねv

兄さんの発言がとても良いですっ!!
発情期が年に1度しかない淡白な森永くんでもなく
ホモじゃないノーマルな森永くんでもなく
恋愛対象として問題ない女性の森永くんでもない
本来の森永君の事を助けたい っていう一心が
なんか 凄く良かったです

やっぱり たった2文字が言えないのも 兄さんらしいですよね~

7章・・・・どうなるんでしょうね
2ヵ月後が早く来て欲しいですよね!!
展開はどうなるんでしょ(ドキドキ)

長文失礼しました;
これからの更新も待ってます
では^^
2010-10-13 Wed 19:27 | URL | リズ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
リズ様

磯貝さんはおもしろそうな場所には現れそうですよね。
夢の中であってもそれはかわらず・・・
兄さんにはいい迷惑かもしれませんが(笑)
(今回は助けてくれましたけどね☆)

ノーマルだったり、淡白な森永くんの方が
本当は付き合いやすいはずなのに
兄さんはそーゆー偽物?の森永くんは嫌だと思うんです。
きっとどこかで「愛されてる」幸せを感じてるんじゃないかと。
それだけじゃなくて「好きだから」許せたり受け入れたり
できてる自分のことも、少しずつ気付いてほしいですね。

真崎さんのことで切ない思いをしていることが
わからない兄さんが切ないです(ToT)
早くいつもの暴君ちっくな兄さんに戻ってほしいですね。

コメント有難うございましたー!
2010-10-14 Thu 03:14 | URL | 日和 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |