FC2ブログ
 
妄想会話~大好物♪
2010-09-25 Sat 02:03
妄想ってほどでもなく
作文にも満たない
短い妄想会話

秋ですから・・・・


「先輩、栗ごはんって食べられますか?」
「ん?割と好きだけど?」
「よかった。安かったんで栗を買っておいたんですよ。じゃあ、今夜茹でて明日は栗ごはんにしますね♪」
「ああ」

「栗剥くの、手伝おうか?」
「あ、大丈夫ですよ。そんなに量もないし」
「いいよ。二人でやった方が早く終わる」
「・・・はい。有難うございます❤」

「先輩、栗を剥くの、上手いですね」
「昔から巴やかなこのためによく剥いてやってたんだ。慣れてんのかもな」
「そうなんですか(なぁんだ。実はやりたかったのかな・・・ 先輩、かわいい)(*^_^*)」

「栗好きなんです、オレ」
「へえ」
「栗って・・・ちょっと先輩に似てるかも」
「・・・は?」
「外は“オレに触るな”って感じにトゲで威嚇してて、それを脱いでもまだ硬い殻で覆われてる。でも、中身はすっごく甘いでしょ」
「な、なんだそれ・・・」
「温めると崩れるし、クリームみたいにとろけるし・・・」
「な、な、な・・・」
「オレは栗が大好きです」
「ばっ・・・なに・・・言ってんだ」
「ん? 栗の話ですけど?(くすっ)」
「~~~」
「早く食べたいな~」
「・・・もう黙れよ」
「なんで? 栗ごはんの話なのに?」
「わかってるって!」
「楽しみにしててくださいね、センパイ♪」
「・・・ふんっ」


おしまい


「○さんは野菊のような人だ。僕は野菊が大好きだ」的な、ね(^^ゞ
今の兄さんには、森永くんが言わんとしてることが分かってしまうんじゃないかと
そう思いました。
変化球な告白でもやっぱりうろたえてしまう兄さんです・・・今更なのに(笑)


おまけ

「果物に例えるなら、お前は桃だな」
「桃ですか? どこがです?」
「見た目は柔らかそうなくせして、芯は桃の種みたく固くて頑固だからな」
「そうかな~?」
「いいとこついてるだろ」
「先輩は・・・桃、好きですか?」
「え?」
「もも、好き?」
「・・・知らねえよ」
「え~、好きか嫌いかで答えて下さいよ~」
「ううう、うるさい。手を動かせ、手をっ!!」
「ハイハイ(笑)」
スポンサーサイト



別窓 | 妄想会話 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<妄想会話~なにか、いいこと | 天使の宝箱 | 会話作文~君の朝は僕のもの>>
この記事のコメント
こんにちわ リズです

真っ赤になってる兄さんが目の前に浮かびそう~!
そんなssですね~!
やっぱり 変化球でも 直球でも
うろたえる兄さんは 可愛いと思います!!

切り返しのオマケのssも良かったです!
森永君を果物にたとえた途端に
森永君の質問攻撃開始ww
桃か・・・・・・なんか 可愛いv
桃栗三年柿八年・・・・2人の今の状態に似ていると思います
(なんとなく このことわざが出てきてしまった;)
こんかいのssも 面白かったです!!
では^^
2010-09-25 Sat 15:29 | URL | リズ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
リズ様

こ~んな会話だけの、投げっぱなし記事に
コメント有難うございます<(_ _)>
SSだなんて、もう作文にもなってなくて申し訳ない。
情景や心情はご自由に想像して下さいませ。

以前の兄さんなら、森永くんの「栗(=先輩)が大好き」発言にも
「ふ~ん」と気付かずにスルーしてそうですが
最近は分かりそうだと思いませんか?
いや、気付き過ぎちゃって兄さん自身も困ってるかも(笑)
で、切り返してはみたものの
最後に甘く追いつめられるのはやっぱり兄さんの方なんです♪

柿もどっかで使ってみたいですね~。
読んで下さって有難うございましたー!


2010-09-25 Sat 23:38 | URL | 日和 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |