FC2ブログ
 
会話作文~月明かりの下で
2010-09-22 Wed 22:23
本日、めでたく拍手総数 2323 をカウントいたしました。
牛歩並みの更新で、かつリンクも少ないブログにもかかわらず
沢山のご訪問とあたたかい拍手、本当に有難うございます<(_ _)>

2323 を踏まれた方にはお礼も兼ねて何か贈りたいと思ってはみたものの
私の方では確認できないので、残念ながら?できません。
ごめんなさい。
「私、踏みました!」って方、ご連絡下さればなにかしらのご相談を・・・
でもプレゼントできるものってあるかなあ、ないかも(^_^;)

2323記念というわけではないのですが短い作文ひとつ。
タイトルでなんとなく想像できちゃうかもしれませんけど、お許しを。



実験が一段落した時には時計の針は夜10時を回っていた。
手際よく実験器具の類を片付け、森永が帰る支度を始めた時だった。

「・・・夜だってのに妙に明るくねーか?」
ハンガーに白衣を掛けながら宗一が呟いた。
「ホントだ。たしか今夜は十五夜じゃなかったかな?」
「ああ、中秋の名月か。もう秋だな」
「ええ」

森永は窓を開けて夜空を見上げた。
「今夜は雲が全然ないや。すごくきれいですよ、満月」
「そうか?」
「あ、だんご準備するの忘れてた」
「だんご?」
「家に帰ったら先輩と月見しようと思ってたのに、なんでオレ忘れちゃったんだろ(凹)」
「・・・別になくてもいいんじゃねーか? 食いたい訳でもないし」
「・・・すみません」
「謝らなくていいって。じゃあ・・・月を見ながら帰るか」
「え?」
「で、帰ったら月見酒な。だんごはなくても酒で十分だろ?」
「先輩・・・」
「ん?」
「・・・ありがとうございます」
「? なにが?」
「いえ・・・せっかくの月見だし、日本酒にしますか?」
「ビールで構わないぞ?」
「月見にはやっぱり日本酒でしょ。帰りに買っていきましょうよ」
「ま、なんでもいいけど。美味いのにしろよ」
「はい(*^_^*)」

「おい、早くしろよ。灯り消すぞ」
宗一は、まだロッカー前にいる森永に声をかけた。
「はい、すぐ」
森永がバッグを持ったのを確認して、早々と研究室の電気を消す。
自分の方へと近づいて来ていた影が、ふと止まった。

「? どーした?」
「今日の月はホントに明るいですね。灯りを消したのに部屋の中がこんなに明るい・・・」
窓の方を振り返った森永が呟くように答えた。
「・・・そーだな」
「でもオレは」
「?」
「月はあんまり明るくない方がいいな・・・」
「え?」
「・・・見られたら困りますから」

腕を軽く引っ張られて、宗一は上半身から森永の胸へ倒れこむ形になった。
「おい・・・」
文句を言おうと上を向いた瞬間、口づけされる。
甘くやわらかい感触。
けれど、その唇は触れただけですぐに離れた。
「てめ・・・」
自分を包む両腕に少しだけ力が込められたのを宗一は感じた。
「明る過ぎると・・・隠せなくなる」
「え・・・」
「もう、隠せてないかも・・・」
「森永・・・」
森永の声がなんだか切なく聞こえて、宗一はそれ以上言葉を続けられなくなった。

「・・・帰りましょうか」
宗一を解放した森永は、少し申し訳なさそうな顔で話しかける。
不機嫌なのか照れているのか、宗一は返事をしなかった。
「・・・先輩?」
「帰り道は・・・明るいからな」
「はい?」
「外はここより明るいってこと・・・よく覚えとけっっ!」
「え?」
「・・・帰るぞ」
「あ・・・は、はい」

十五夜、中秋の名月・・・
風流もいいけれど注意を怠ってはいけないのだ
満月には、男を狼に変身させる魔力もあるのだから・・・

おしまい


往来ではお断り! ですよね、兄さん?(笑)
ってか全然「月明かりの下」じゃなくなっちゃった(>_<)

読んで下さって有難うございましたー。
スポンサーサイト



別窓 | 会話作文 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<気がついたのがまずかった? | 天使の宝箱 | 妄想番組『ラジオ恋する暴君』第7回 >>
この記事のコメント
こんばんわ リズです

切甘系で来ましたネェ~~!
いやはや 秋といえばやはり しっとり系のssに限りますよ
秋の落ち着いた雰囲気が 
2人をくっつけてあげればいいんですがね;
あと 最後の締めがなんか色っぽいです
何か 終わり方がかっこよかったです

では^^
2010-09-24 Fri 18:30 | URL | リズ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
リズ様

あ~、そうですね。
秋ですから切ないシチュもいいですね~。
私は書けないんですが・・・切ないのとかしっとりとか(>_<)
ちょっとはロマンチストなところもあるはずなので
そこをなんとか呼び起こしてみようかしら・・・
・・・無理そうです(笑)
締め、色っぽかったですか?
本文の内容とちょっとずれちゃってますよね・・・。
本当は森永くんをもう少し狼にするつもりだったんですよ。
できなかったけど。

いつも読んで下さって有難うございます♪
2010-09-25 Sat 00:12 | URL | 日和 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |