FC2ブログ
 
絶対言わないけど聞きたい会話
2010-08-13 Fri 03:23
別作品なんですが
大好きなシーンで交わされる
これまた大好きな会話があります。

それを兄さんと森永くんが喋ったら・・・

と今日一日ずっと考えておりました。


詳しい説明は割愛しますが
元ネタの二人は幼馴染です。
本当はずっとずっとヒロインを大好きでいるのに
色々あって好きだと言うことができずにいた少年が
初めて?ヒロインに想いをぶつけるシーンです。

「僕は君が幸せになれるなら離れ離れになってもいいと思ってた。
ただ学問と研究に没頭していれば生きていけるって・・・。」
「○○・・・(少年の名)」
「だけど、君がこの世から消えてしまったら学問なんて何の意味もない。
君のいない世界では、僕は生きていけないよ」
「・・・私のこと、好き?」
「え?」
「ねえ、好き?」
「そんなこと・・・言わなきゃいけないのか」
「聞きたいの」
「ずるいよ・・・・わかってるくせに」


さあ、それを暴君の二人で勝手に変換。
少年→兄さん、ヒロイン→森永くん

「オレは・・・学問と研究に没頭していれば生きていけると、ずっと思ってた」
「先輩・・・」
「でも・・・お前がそばにいないなら、学問なんて何の意味もない。
お前がいなくなったら・・・オレは生きていけねーよ」
「・・・オレのこと、好き?」
「え?」
「好き?」
「そ、そんなこと・・・言わなきゃいけねーのか?」
「聞きたいんだ」
「ずるいよ、お前・・・。わかってるくせに・・・」


言わないね・・・言わないです、うん。
でも、最後の「ずるいよ・・・・わかってるくせに」って台詞が大好きでして
赤面した兄さんに言わせてみたい❤

ちなみに元ネタは
『西の善き魔女』(荻原規子著)という小説が原作のアニメ版の台詞でした。
この作品は、小説・漫画・アニメとあるのですが
このシーンの台詞は媒体で少しずつ違ってるんですよ。
小説が大好きなんですが、ここの台詞はアニメ版のが一番好き。

兄さんが 森永くんの気持ちを受け入れる ってだけじゃなく
自分の気持ちを森永くんにちゃんと伝えられる
そんな日がいつか来るといいなあ。
スポンサーサイト



別窓 | 暴君的だだ喋り(雑記) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<会話作文~うちにニャンコがやってきた(後編) | 天使の宝箱 | もう買えないかもしれない>>
この記事のコメント
はじめまして
はじめまして!
いつも、暴君関連の感想記事や作文を楽しく読ませていただいております、くるめと申します。
特に暴ラジや座談会が大好きで、何度も繰り返し読ませていただいてます!
SSも、日常のさりげない1コマがとても素敵で、大好きです。
兄さんと森永くんはこんな風に二人で暮らしているのかなぁ…なんて、日和さんのSSをきっかけに妄想を膨らませたりしています。
今回、記事に「西の善き魔女」の台詞が載っていて…思わずコメントさせていただきました。
(あれ?暴君がきっかけじゃなくてすみません…!)
私も荻原先生の小説が大好きなんです。
そして、その大好きな小説の台詞をこれまた大好きな暴君で変換されているのを読んで…驚きました。
も、萌えます…!!すごく萌えます!
兄さんは、流石にこんなに情熱的には言ってくれないでしょうか…(^_^;)
でも…だいぶ先になりそうですが、いつか近いことを言ってくれたらなぁと思いました。
そうしたら、一瞬で森永くんは兄さんの虜になりそうですね。(今もですけど、もっともっと)

初のコメントで、長々とすみませんでした!
これからも応援しています。
それでは、失礼致します。
2010-08-15 Sun 15:25 | URL | くるめ #BxQFZbuQ[ 内容変更] | ∧top | under∨
ありがとうございます
くるめ様

はじめまして。コメントありがとうございます。
お盆の帰省でしばし不在にしていたので、レスが遅くなり申し訳ありません。

いっぱい褒めていただいちゃって・・・嬉しくて何度もコメントを読み返してしまいました(笑)
そこらへんをゴロゴロして嬉しさをかみしめてます♪
暴ラジと座談会を気に入って下さってるのですね~有難うございます。
会話だけですけど、楽しく読んで下さってるなら嬉しいです。
全部フィクション(というか私の個人的な想像の範疇)で書いているので、「ちょっとイメージと違うかも」と思われることもあるかもしれませんが、また新作?が出来た時には読んでやってください。
なかなか新しいネタやテーマが浮かばないので新作はまだまだだと思いますが(すみませんっ)
他の会話作文も、私のは素敵シチュじゃなく色っぽくもなく普段着な感じのお話しか書けないので萌えは少ないと思うのですが、他ブロガー様の素敵SSの合間に、粗茶などすすりながら読んでいただければいいな~と(笑)

そうそう、荻原先生の小説よいですよね~。
勾玉シリーズが好きだったのですが、欧風な『西の善き魔女』もキャラがたっていて雰囲気も素敵で大好きです。
(ルーンとフィリエルが大好きなんです!)
荻原先生が好きな方とお話したのは初めてなのですっごく嬉しいです。
また是非遊びにいらしてくださいね~。
2010-08-16 Mon 20:08 | URL | 日和 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |