FC2ブログ
 
9月号買ってきた~そして7章
2010-08-07 Sat 11:23
朝一番、近所の書店へ自転車でGOー!
同系列のお店が近くに2店舗あるんですが
大きい方へ行ったら
・・・・まだ並んでなかったよ?
入荷するものが多くて大変かもしんないけど頑張って開店までに並べよーよ

で小さい方(いつも買ってるとこ)に行ったら3冊積んでありました
私よりも早く誰かが買ったか お取り置きかな?
3冊しか入荷してないってことはないはずだもん

ってことで 3冊掴んでレジへ
レジのお兄さん 丁寧に
「同じもの3冊でよろしいですか」と確認してくれました
「はい」と涼やかに応えた私でしたが
3冊一度に買うのは実は初めてでしたー

それより7章ですね★
このあとネタばれしますが丁寧なあらすじではありませんので
詳しく正しく?お知りになりたい方は
別の素敵暴君ブログでご確認くださいませ
と・に・か・く 未読の方はご注意くださいね☆



初っ端の 森永くんのモノローグ的なセリフ?がめちゃくちゃよいです

俺の名前を呼びながら 背中にまわされた両腕は
行為が佳境に入っても そのままそこにあろうとして
オレを夢中にさせた
止められなくて 何度も強く 突き上げた

突き上げる度 皮膚にくい込む指先は
彼も俺に夢中なのではと 錯覚させる程だった

・・・肌色一色?のカラー1ページ目・・・
なんですかこの色っぽいポエムは???
高永先生ってこーゆーとこも実に上手ですよね
1ページ目でもう心臓わし掴まれ?状態 ばっくばっくです★
さりげなく、5・7・5ならぬ 7・5・7・5 のリズム♪
日本人は五七調のリズムを心地よく感じるんだそうですよ~


で、恒例のADAMSITEでは森永くんがヒロトくんに恋の相談中
だけどヒロトくんには「バカップルのプレイ報告」にしか聞こえず超呆れ
顔・・・
いい迷惑だよね~ホント(笑)

その頃兄さんは部屋で一人PCに向かってる訳ですが
一息ついたり 落としたシャーペンを探したり
そんなことでいちいち
森永くんの「先輩・・・」って声が聞こえちゃったり
背後から抱き締められてるような気になっちゃったり
「この場所で・・・」って思い出しちゃったり

大変ですよ!!!

兄さんがね 「ドキドキ」してるの!
「かあぁぁ」じゃなくて(それもなったけど)「ドキドキ」なんですよ
ホント珍しいっ! 赤面してもドキドキはしない、あの兄さんがっ!
罪作りだよ~森永くん

森永くんいないのに 
声を 甘い囁きを あの腕を思い出して
思い出しただけで ドキドキして かああっ ってなっちゃう兄さん・・・
か、かわいい~❤


森永くん帰ってきて ちょい省略(約2P分)で その夜
先に寝る森永くんと 集中できないながらも頑張ってレポート?やってる兄さん
そこで森永くんに用ができちゃうのですが
「明日でいいか・・・」「・・・いや 何言ってんだ俺は」「何及び腰になってんだ」
とぐるぐるです
それでも割と普通に森永くんの部屋をノックできた兄さん
どうぞー と言われてドアノブに手をかけた瞬間
思い出しちゃったーーー!

・・・自分で 開けて下さい 先輩 

あのときの森永くんの声をね・・・そうだよね、思いだしちゃうよね
ここでも ドキッ

それともここで・・・ 立ったまま?

兄さんの心臓が壊れちゃうよ~ と心配になるくらい
ドッドッドッドッ 鳴ってます

森永くんの声を思い出すたび、近くには森永くんの存在を感じてしまって
(つまりいないはずの森永くんに抱き締められたり囁かれたりしてる)
な な なんで・・・ こんな 
なんでこんなに思い出すんだよ なんで
と自問自答するしかない兄さん・・・

森永くんがドアを開けたら
ビクッ ひくっ て真っ赤な顔をした兄さんがそこにいたわけで
森永くん、気付きました

どうしたんですか・・・? センパイ・・・こっち向いて・・・
と探りながら

さらっとキスにもってったーーー!
さすがテクニシャン森永くん!
 
徐々に深く濃く、森永くんは兄さんをぎゅっと抱きしめました
兄さんは兄さんで・・・もう はぁはぁ言ってる・・・なんという感度の高さ!

森永くんに 部屋・・・来ます? と誘いをかけられるも
兄さんなんとかかわして逃げる

ここの拒否り方がね、今までとまたちょっと違う
「そっ・・・そーゆんじゃねーから!」
いっぱいいっぱいなんだなー兄さん
更に「あんなこと・・・するつもりじゃ・・・」って・・・
ここ私的にポイントでした★
兄さん、自分に言い訳してる
森永くんのせい じゃなく 自分が「するつもりじゃなかったのに」って
そして 
「何やってんだオレ・・・ 何を」というぐるぐるモノローグでいったん締め


で、こっからが7章山場の序章・・・

森永くんに就職の斡旋が!
なんでも学会で会ったOBの方が森永くんの優秀さに惚れたそうで
どこにあるんだろ、その企業って?
県外だとしたら必然的に同居も解消になるんだよね・・・

兄さんと森永くんにはずっとずっと一緒にいてほしいけど
森永くんが「先輩ありき」じゃない選択を考える機会なのかも
兄さん的にも引き留められないだろうし・・・
いや、もしかしたら引き留めてみたりしちゃうのかな?

そしてそして
やっぱり? まさか? のご登場です。

真崎さん、名古屋に来たり!

目的はなんだろうね?
会いたいだけ? 謝りたいから? それとも・・・?


次号につづく~


結構なネタばれでしたね。
失礼しました。
感想などはおいおい・・・
いい加減気合入れ直さないと仕事が終わらないぞ~~~っっ!
スポンサーサイト



別窓 | 暴君感想 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<もう買えないかもしれない | 天使の宝箱 | 新章が始まる前に>>
この記事のコメント
またまたお邪魔します。

我が家に届くのは哀しいかな明日以降なのですが(地方在住って悲しい…)、
やはり来ましたか…真崎さん。
「結構な山場になる予定」と高永先生がお書きになっていたので、
何となくそうじゃないかなーとは思っていたのですが…。
そうなると5巻の「ぼくたちの失敗」は必然的にあのタイミングで
先生がお描きになったという事になるんですね。
後半戦開始はやっぱり5章からですね、話数のカウントもここから
変わってますし(stepからplanへ)。
そしてもしかして、7章は宗一兄さんの視点から描かれる可能性も?
今までの暴君で、兄さん視点で描かれた話は1巻の後半と、5巻カナダで
一人きりの時だけだったような気がします。
基本的に森永くん不在の時ですね(1巻後半は違いますけども)。
けれど、もしこの章が兄さん視点で描かれるのだとしたら…。
7章のこれからの展開がもの凄く気になります。

ネタバレは全然構いません。むしろ有難うございます。
あとは自分の目でしっかりと楽しみたいと思います。
お邪魔しました~。
2010-08-07 Sat 12:53 | URL | 夜来香 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
夜来香様

真崎さん登場しました。
高永先生もどこかでお描きになりたいと思っていたのでしょうし
案外読者からのリクエストも多かったのかもしれませんね。
先生は読み手の希望を優先される職人さんですから!

真崎さんは、森永くんにはもちろん兄さんにも
色々な葛藤や問題提起をしてくれそうな存在だと思います。
そして何かしら答えを出すことができるでしょうね。

中途半端なあらすじですみません。
本物は素晴らしいですから!!
私の記事はさくっと記憶からデリートしていただいて
まっさらな気持ちでお読みになってくださいね。

コメントありがとうございました。
2010-08-07 Sat 16:23 | URL | 日和 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 天使の宝箱 |